刹那・F・セイエイ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】 刹那・F・セイエイ
【読み方】 せつな・えふ・せいえい
【所属】 ソレスタルビーイング
【分類】 ガンダムマイスター
【声】 宮野真守
【登場】 1st・2nd

【詳細】

ガンダムエクシアとダブルオーガンダムを操縦するガンダムマイスター。
中東クルジス共和国出身の本名はソラン・イブラヒムと言う。

かつて信仰のためと信じ、反政府ゲリラ組織・「KPSA」の少年兵となった。
その際に両親を殺害しているが、一向に変わることの無い現実にすこしずつ矛盾を感じるようになり、戦場のど真ん中で死に瀕するもその窮地を0ガンダムによって救われる(当時は武力介入の試験中だった)。

その経験から、戦争行為の根絶を体現する機体としてガンダムを神格化し、それを操縦する自分を
ガンダムと同化する存在であろうとする。
当初は理想になろうと願うあまり協調性に欠け、他のメンバーと衝突することもしばしば。
自分のことを戦うことしか出来ない破壊者であるとし、戦うことでしか生きられないとしている。

かつて自分を少年兵として育てた元KPSAの指導者、アリー・アル・サーシェスのような存在を争いを生み出す象徴として強く敵視しており、自分の祖国を戦争で滅ぼしたアザディスタン国の皇女・マリナ・イスマイールと惹かれ合うも結局はお互いの立ち位置を尊重したままに終わっている。

1stシーズン終盤では、ソレスタルビーイングのガンダムマイスターとしての自分を自覚し、GNフラッグと相打ちになりながら4年間アロウズによって変革していった世界を見ていた。
しかしあまりに非道なアロウズの行いを目の当たりにし、アヘッドに半壊状態のエクシアで挑むも機体性能の差は覆せず敗北。
だがセラヴィーに乗って救援に来たティエリアと共にソレスタルビーイングへ合流し、ダブルオーガンダムのマイスターとなる。

イオリアの計画の体現者であると自称するイノベイターに対しては、計画のためではなく己の意志で戦うことを決意。
2ndシーズン中盤でリボンズの存在を知ったが、戦うことだけが全てではないと自覚し、変えられない過去ではなく未来のために"変革"することを決意。

ダブルオーライザーが生み出す高濃度のGN粒子を長期間浴びていたことで純粋種のイノベイターとして覚醒を果たし、イノベイターとの最終決戦でトランザム・バーストを発動。

そしてリボンズとの死闘の果て、ダブルオーを失い修復されたエクシアを操りリボンズの操縦するOガンダムを倒して全てに決着をつけた。

その後もCBに留まり、紛争の抑止力となって生き続けることを決める。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。