ルイード・レゾナンス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】 ルイード・レゾナンス
【読み方】 るいーど・れぞなんす
【所属】 ソレスタルビーイング
【分類】 ガンダムマイスター
【声】 なし
【登場】 00P 1st

【詳細】

00外伝・00P 1stに登場するガンダムアストレアのマイスター。

ワークローダーの開発者として業界では名の知られた技術者で、数世紀先を行くと言われるソレスタルビーイングの技術力に惹かれて加入を決める。
故にマイスターとして参加したつもりはなく、紛争根絶のためとはいえ「人間を撃つ」行為に割り切うことが出来ず人知れず苦悩すると言った一面がある。

女心には鈍感で、シャル・アクスティカが自分に好意を寄せていたことに全く気づいていなかった。
その後、マレーネ・ブラディに告白・結婚しフェルト・グレイスの父親となるが、ある時期に行われた武力介入作戦中何らかの原因でコアファイターが分離できなくなりプルトーネ内部に取り残されたシャルを救うためアストレアで出撃し彼女を救出する。
しかし至近距離で高濃度に圧縮されたGN粒子を浴びたことで即死した。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。