ビサイド・ペイン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】 ビサイド・ペイン
【読み方】 びさいど・ぺいん
【所属】 ソレスタルビーイング
【分類】 イノベイター
【声】 なし
【登場】 00P 2nd

【詳細】

00外伝・00Pに登場するイノベイター。

リボンズ・アルマークと同じ塩基配列パターン0026タイプで構成され、リボンズから高い信頼を得ていた。
開発中の擬似太陽炉施設の管理を任されていたが、リボンズの計画に反対し反旗を翻す。

00F 1stに発生した「プルトーネの惨劇」の首謀者であり、他のイノベイドに強制アクセスを行い自らのパーソナルデータを上書きして支配する『インストール』。
また同じ塩基配列のイノベイドにすべてのパーソナルデータを転送する『セーブ』という特殊能力を持つ。

00P 2nd終盤において、インストールによってヒクサー・フェルミ]を操り、マイスター候補者をスカウトしていた[[グラーベ・ヴィオレントを殺害。
自らは1ガンダムに搭乗し、同じ塩基配列パターンのイノベイドが搭乗するGNキャノン×2を引き連れて、874の乗るガンダムアルテミーと交戦する。
圧倒的な戦闘力で彼女をあと一歩まで追い詰めるが、殺害したはずのグラーベの乗るラジエルが再び目の前に立ちはだかったことで冷静さを失い、インストールによりグラーベを操ろうとしたが一度心停止していたグラーベはヴェーダ内で死亡扱いとされていたため失敗。
そのままビームサーベルによってコクピットを両断され死亡した。

だがグラーベによって死亡した者は、「オリジナル」と"思い込まされていたサブボディ"の方であり、オリジナルのビサイドは1ガンダムに随伴していたGNキャノンに搭乗していたパイロットの一人であった。
ヴェーダによって人格データを書き換えられ、社会監視用として世に放たれ「レイヴ・レチタティーヴォ」として暮らし始めたがビサイドとしての意識が僅かに残っており、密かにレイヴの意識に働きかけ極秘に保管していた1ガンダムに残していた人格データのバックアップを使って復活を果たす。

そして1ガンダムを強化改修した1.5ガンダムを狩り、ヒクサーを相手に圧倒的な力を見せつけた。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。