GN-008 セラヴィーガンダム

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【型式番号】 GN-008
【機体名】 セラヴィーガンダム
【読み方】 せらヴぃーがんだむ
【所属陣営】 ソレスタルビーイング
【パイロット】 ティエリア・アーデ
【動力】 GNドライヴ
【装備】 GNキャノン×4
GNバズーカⅡ×2
GNビームサーベル×6
【発展機】 GN-008GNHW/B セラヴィーガンダムGNHW/B
GN-008GNHW/3G セラヴィーガンダムGNHW/3G
GN-008RE セラヴィーガンダムⅡ

【詳細】

GN-005 ガンダムヴァーチェのコンセプトを受け継ぎ新開発された第四世代ガンダム。

重砲撃戦に特化した機体で、全身に大型のGNコンデンサーを装備。
さらにヴァーチェの教訓を活かしてフレキシブルに稼働するGNキャノンを両肩と両膝に搭載。
新開発されたGNバズーカⅡは合体させたダブルバズーカ形態のみならず、両肩のGNバズーカと連結させたツインバスターキャノンモード、両手持ちすることでビームライフルのような運用も可能。
前方に小型のGNフィールドを展開することで粒子を圧縮し大出力砲撃を行うクアッドキャノンなど様々な砲撃方法を持つ。
さらにGNフィールドもより強固なものとなり、高出力使用時にはバックパックのガンダムフェイスが展開する「フェイスバーストモード」となる。

また背中のバックパックは分離変形することでGN-009 セラフィムガンダムとなり独立行動を取ることが可能。

ビームサーベルも両手の装甲、GNキャノンに仕込まれた隠し腕の内部と複数装備され格闘戦へも対応し様々な状況に対応することが可能となっている。

イノベイドとの戦いで大破したセラヴィーだが、修理されGN-008RE セラヴィーガンダムⅡとなり、CB-002 ラファエルガンダムのバックパックとして運用されている。

セラヴィー最大の砲撃はクアッドキャノンに加えGNバズーカⅡをダブルバズーカモードとし、さらにトランザムを発動させた上にフェイスバーストモードとなった最大出力状態で放たれる「ハイパーバースト」。
ヴァーチェと異なりビームを照射し続けるのではなく、巨大かつ高密度のエネルギーボールを単発発射する方式となっている。