GNX-803T ジンクスⅣ

【型式番号】 GNX-803T
【機体名】 ジンクスⅣ
【読み方】 じんくすふぉー
【所属陣営】 地球連邦
【パイロット】 アンドレイ・スミルノフ
パトリック・コーラサワー
地球連邦兵
【動力】 GNドライヴ[T]
【装備】 GNショートビームライフル
GNビームサーベル
GNロングライフル
GNシールド
NGNバズーカ
GNバスターソード
長距離ブースター
増加粒子タンク
【発展機】 GNX-803T/CF ジンクスⅣコアファイター搭載型

【詳細】

GNX-603T ジンクスから発展した擬似太陽炉搭載型MSの最新型。

アロウズのスキャンダルが発覚したことで製造中止となったGNX-704T アヘッドのデータや、イノベイターを名乗るイノベイドから積極的に技術を吸収したことで基礎性能の大幅アップに成功。
またリボンズ・アルマークが管理していたソレスタルビーイング号も連邦の管理下に置かれたため、内部に保管されていたヴェーダからのバックアップを受けることも可能とした。

その結果、本機は量産機とは思えぬほどに高性能な機体となり、トランザムGNフィールドを標準装備したその性能はガンダムに匹敵するほど高く、
汎用機であるため装備を予めビームライフルロングライフルシールドバズーカバスターソードから選択して出撃する。
モスグリーンに塗装された一般機とグレーに塗装された指揮官機が存在し、指揮官機にはさらなる数の換装パーツが用意されている。

コーラサワー機は両肩にシールドを装着し(その状態はダブルシールドと呼称)、アンドレイ機はジンクスⅡソードに搭載されていたGNバスターソードを取り寄せて装備している。
なおバスターソードはアンドレイが接触した物体を取り込む性質を持つELSに対してGNフィールドを展開するバスターソードが有効であると考え独自に手配したため、所有するMSの数は少ない。
コーラサワー機は防御を重点的に高め生存性を向上させるセッティングである。

劇場版ではELSの浸食を受けたことによりその情報を解析・コピーされ擬体されたタイプが登場した。

分かり合う前とはいえELSの攻撃から地球を護るためトランザムのオーバーロードによる自爆などで多くの名パイロットたちが命を散らしたため、
脱出用のコアファイターを搭載した改良型が開発された。
なおこのGN-XⅣにはⅢの状態からパーツを交換する形でバージョアップした機体がほとんどであり、実際に新規製造された機体は少数に留まったという。