GNMA-04B11 トリロバイト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【型式番号】 GNMA-04B11
【機体名】 トリロバイト
【読み方】 とりろばいと
【所属陣営】 アロウズ
【パイロット】 アロウズ一般兵
【動力】 GNドライヴ[T]
【発展機】 なし

【詳細】

アロウズに属する旧ユニオン技術者が開発した擬似太陽炉搭載型MA。

「三葉虫」を意味する名前の通り薄く平べったい形をしており水中戦に対応した最新型の機体だった。
MSの能力をしのぐパワーと武装を得るために擬似太陽炉を3基搭載し、並のMSよりも遥かに高出力を得ることが可能。
またGNフィールドを貫通する大型魚雷を初めとしてケミカルボムなど武装が多く、隠されたアームを展開することで格闘戦もこなす。
アームの先端には鋭いクローがついており、小さな傷が命取りとなる水中戦で凄まじい戦闘力を発揮する。

アレルヤを奪還して逃走するプトレマイオスⅡを追跡し撃沈するべく出撃するが、セラヴィーのトランザムに出力で負け、ダブルオーに切り刻まれて爆散した。

このMAの運用データは後にGNX-612T/AA スペルビアジンクスの強襲揚陸ユニットの基礎となった。