GNY-001 ガンダムアストレア

【型式番号】 GNY-001
【機体名】 ガンダムアストレア
【読み方】 がんあむあすとれあ
【所属陣営】 ソレスタルビーイング
【パイロット】 ルイード・レゾナンス
【動力】 GNドライヴ
【装備】 プロトGNソード
プロトGNランチャー
GNシールド
GNバルカン
GNビームサーベル
【発展機】 GNY-001B ガンダムアストレアTYPE-B
GNY-001F ガンダムアストレアTYPE-F
GNY-001F2 ガンダムアストレアTYPE-F2

【詳細】

GN-000 0ガンダムから発展した第ニ世代ガンダム1号機。

タロットで「正義の女神」を意味するアストレアが名前の由来となっており、0ガンダムの汎用性を最も濃く受け継いでいる。
第三世代で実用化するための各種武装のテスト機も兼ねるため、第二世代機の中最も複雑化したフレームが特徴。
人間並みの柔軟な動きを可能としたアスタロトのフレームは後に近接格闘に特化したGN-001 ガンダムエクシアにも採用された。

全身の各所にハードポイントを備え、そこに武装を装着することが可能。
これにより各部GNコンデンサーから迅速に粒子供給を行うことが出来、実験的な装備も比較的安定した運用が可能であり、この機体は非常に優れた試験結果を残した。

後にGNY-001F ガンダムアストレアTYPE-Fとしてより実践的に強化改修されることになる。

背中のスラスターはスリースラスタータイプを採用。
一時期コーンタイプのスラスターをテストしたこともあったが、機体の相性が悪かったためすぐにスリースラスタータイプに戻されている。

エクシア等第三世代ガンダムに比べまだ粒子制御技術が未熟であるため、肩のクラビカルアンテナは大型のものが採用。
さらに頭部のアンテナはクラビカルアンテナとの干渉を防ぐためあえて小さく作られ、側面に強力なブレードアンテナを装備することでセンサー範囲を拡大している。
このクラビカルアンテナは取り外しが可能であり、取り外した部分はハードポイントも兼ねているため、
ここに接続した武装は直接胸部の太陽炉から迅速な粒子供給を受けることが可能。

ただし当時はまだ技術が未熟であったため、一つでもクラビカルアンテナを外してしまうと、
粒子制御能力がガタ落ちするという欠点を抱えている。