GNZ-001 ガルムガンダム

【型式番号】 GNZ-001
【機体名】 ガルムガンダム
【読み方】 がるむがんだむ
【所属陣営】 イノベイター
【パイロット】 リジェネ・レジェッタ
【動力】 GNドライヴ[T]
【装備】 プロトGNメガランチャー
GNビームサーベル×2
GNバルカン×2
GNシールド
GNフィールド
【発展機】 ガシリーズ

【詳細】

GNY-004 ガンダムプルトーネの設計データを元にヴェーダから情報を引き出したイノベイターが開発した試作型MS。

後にガデッサ等の機体のベースとなった存在であり、各部に元となったプルトーネの名残があるものの全体的なシルエットは酷似している。
肥大化した両肩は大型のGNコンデンサーであり稼働時間の延長及び、プロトGNメガランチャーの採用で増大化した粒子消費量に対応している。

背中にはコアファイターが搭載されており、パイロットの生存確率増大に関わっている。

後にソレスタルビーイングの格納部にあるのをビリー・カタギリに目撃されている。

機体名の「ガルム」とは「Generation of reborn MS(生まれ変わったMSの世代)」の略称。
そして綴りこそ違うものの北欧神話に登場する猟犬、「Garm」の意味も込められている。