GNW-001 ガンダムスローネアイン

【型式番号】 GNW-001
【機体名】 ガンダムスローネアイン
【読み方】 がんだむすろーねあいん
【所属陣営】 ソレスタルビーイング・トリニティ
【パイロット】 ヨハン・トリニティ
【動力】 GNドライヴ[T]
【装備】 GNランチャー
GNビームライフル
GNビームサーベル×2
GNシールド
【発展機】 GNW-001/hs-T01 ガンダムスローネアイントゥルブレンツ

【詳細】

トリニティに属するヨハン・トリニティが搭乗するスローネシリーズ第一号機。
右肩の大型GNランチャーが特徴的な重砲撃戦型MSで、ヴァーチェの砲撃力とデュナメスの精密射撃能力を併せ持つ。

遠距離からピンポイントに大出力砲撃を行うことで目標を完全に粉砕する事を目的としており、GNW-002 ガンダムスローネツヴァイGNW-003 ガンダムスローネドライとの連携機能を持ち、背部コネクターに2機のハンドガンからケーブルを使って直接粒子供給を受けることでさらなる高出力砲撃が可能。
2体と連携した砲撃は「GNメガランチャー」、三体が連携した砲撃は「GNハイメガランチャー」と呼ばれる。

格闘用の武器は両肩に装備した大型のGNビームサーベルしかないが、携帯用の専用GNビームライフルによってある程度接近戦への対応が可能。
左肩にGNシールドを持ち、ベルトで直接GN粒子を供給することでGNフィールドを展開することもできるが、シールドに粒子を供給している間は他の武装の攻撃力が低下してしまうという欠点がある。

国連軍のジンクス部隊の攻撃に疲弊していたところに援軍と称して現れたサーシェスにミハエルを殺されスローネツヴァイを奪われてしまう。
応戦するもサーシェスには歯が立たず、バスターソードで切り裂かれた後でGNハンドガンの連射を受け破壊されてしまった。