GN-0000+GNR-010 ダブルオーライザー

【型式番号】 GN-0000+GNR-010
【機体名】 ダブルオーライザー
【読み方】 だぶるおーらいざー
【所属陣営】 ソレスタルビーイング
【パイロット】 刹那・F・セイエイ
【動力】 ツインドライヴシステム
【装備】 GNソードⅢ
GNソードⅡ×2
GNビームサーベル×2
【ベース機】 GN-0000 ダブルオーガンダム+GNR-010 オーライザー

【詳細】

GN-0000 ダブルオーガンダムGNR-010 オーライザーがドッキングした形態。
「ガンダムを超えた機体」ということから名称から「ガンダム」が省かれている。

ツインドライヴシステムの安定稼働が難しかったため、オーライザーに搭載されていた制御システムを用いて安定化を測った結果、ついにツインドライヴの完全同調が可能となり、あらゆるMSを上回る機体性能を獲得した。
出力はもちろん、オーライザーのバインダー等から吹出すGN粒子の放出量は他を圧倒し、驚異的な運動性能、スピードで移動。
さらに膨大な粒子を収束し超巨大なビームサーベルを形成するライザーソードによる攻撃力は凄まじい。

さらに二つの太陽炉を同調稼動させたことにより不可思議な現象を引き起こすことも特徴で、トランザムライザーとなると空間に大量散布される粒子により人々の感覚が増大し脳量子波が空間内で使用可能となり、攻撃を受ける瞬間に量子化することによりまるで瞬間移動したかのごとく回避と攻撃が行えるようになった。

リボーンズガンダムとの最終決戦で相打ちとなり、両方のドライヴを失うも、コンデンサーを搭載した状態で修理がなされている。