MSJ-06Ⅱ-C > B ティエレン高機動B型


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【型式番号】 MSJ-06II-C/B
【機体名】 ティエレン高起動B型
【読み方】 てぃえれんこうきどうびーがた
【所属陣営】 人類革新連盟
【パイロット】 人革連兵士
【動力】 バッテリー
【装備】 550mmミサイルランチャー
200mm×25口径長滑空砲
カーボンブレイド
30mm機銃
【発展機】 MSJ-06Ⅱ-A ティエレン地上型
MSJ-06Ⅱ-LC ティエレン長距離射撃型
MSJ-06Ⅱ-AC ティエレン対空型
MSJ-06Ⅱ-E ティエレン宇宙型
MSJ-06Ⅱ-ET ティエレン宇宙指揮官型
MSJ-06Ⅱ-C ティエレン高機動型
MSJ-06Ⅱ-C/B ティエレン高機動B型
MSJ-06Ⅱ-C/BT ティエレン高機動B指揮官型
MSJ-06Ⅱ-SP ティエレン超兵型
MSJ-06Ⅲ-A ティエレン全領域対応型
MSJ-06YⅢ-B ティエレン全領域対応試作型
MSJ-06Ⅱ-ED ティエレン軌道エレベーター守備型

【詳細】

人革連が開発した量産型MS。

高機動型のバリエーションであり、飛行能力をオミットし脚部内の推進用ジェットエンジンの推力を増強した上でシーリング処理などの防塵対策を施した砂漠戦用機。

標準装備の滑腔砲は銃身に沿って1対のカーボンブレイドが装備されている。
推進用ジェットエンジンの出力を使ったホバー移動に特化しており、機動力の陳腐化が著しい地上型の後継機として、砂漠以外でも運用されている。

セカンドシーズンでは、連邦正規軍の主力陸戦型MSとして拠点防衛などに運用されている。
また、反連邦組織カタロンもこの機体を所有している。