GN-007 アリオスガンダム

【型式番号】 GN-007
【機体名】 アリオスガンダム
【読み方】 ありおすがんだむ
【所属陣営】 ソレスタルビーイング
【パイロット】 アレルヤ・ハプティズム
【動力】 GNドライヴ
【装備】 GNツインビームライフル
GNサブマシンガン
GNバルカン
GNビームシールド
【発展機】 GN-007GNHW/M アリオスガンダムGNHW/M
GN-007/AL アリオスガンダムアスカロン

【詳細】

GN-003 ガンダムキュリオスのコンセプトを受け継ぎ新開発された第四世代ガンダム。

ガンダムアブルホールから続く航空形態への変形機能を継承しつつ飛行性能が強化され、キュリオスでは手持ち武器だったGNサブマシンガンを両腕に内蔵することで固定武器を増加。
さらに両肩の機首を構成するパーツにGNビームシールドと呼ばれるビームシールド機能を搭載し手持ちのシールドを廃することで軽量化を測った。
これはGN粒子によるシールドを形成し攻撃を防ぐほか、飛行形態時に機首を大きく開きビームシールドを展開することで敵機を両断することも可能となっている。
基本武装としてはビームライフルを2連装として連射スピードと威力の両立を図ったGNツインビームライフル、
フロントスカートにビームサーベルを格納している。
またガンダムとしての存在を知らしめる必要がなくなったため頭部は空気抵抗を考慮して収納されるようになり、クラビカルアンテナは頭部パーツに付属するようになった。

GNドライヴGNR-101A GNアーチャーとの連携も考慮して股関節ブロックに内蔵されている。
GNアーチャーとの合体形態はGN-007+GNR-101A アーチャーアリオスと呼ばれ、GNアーチャーの火力と推進力がプラスされることで飛行形態時の攻撃力が飛躍的に向上。
詳細はアーチャーアリオスのページに譲るが、マリー・パーファシーとの高度な連携は後のGN-011 ガンダムハルート開発の参考になったと思われる。

本編中ではトレミーがトランザムをするためのバッテリー扱いされたり戦果が乏しい等あまり良い扱いとはいえないが、最終話でのイノベイドに対する猛攻など、決して性能は低くはない。