GNX-704T アヘッド

【型式番号】 GNX-704T
【機体名】 アヘッド
【読み方】 あへっど
【所属陣営】 アロウズ
【パイロット】 バラック・ジニン等
【動力】 GNドライヴ[T]
【装備】 GNビームライフル
GNビームサーベル
GNバルカン
GNシールド
【発展機】 GNX-704T/AC アヘッド近接戦闘型
GNX-704T/SP アヘッド脳量子波対応型
GNX-704T/FS アヘッド強行偵察型
GNX-Y802T ノーヘッド

【詳細】

GNX-603T ジンクスから得られたデータを元に新型擬似太陽炉搭載MSとして開発された機体。

コーナー家を始めとするCB内の造反者達が提供したジンクスと異なり、既存の技術を使った擬似太陽炉搭載型MSとして開発されており、そのベースにはMSJ-06Ⅱ-A ティエレン地上型等人革連の機体が用いられている。
これは擬似太陽炉・GNコンデンサー・粒子ケーブル・バッテリーを内蔵するとなると必然的に機体の肥大化を招くことになり、GN粒子の恩恵があるとはいえ各部に掛かる重量を回す強力なモーターが必要であったためとされている。
もとより空戦特化で開発されてるフラッグやイナクトでは強力なモーターを搭載しておらず、そういったノウハウを持った人革連、ベース機としてティエレンに目をつけられるのは必然であったと言えよう。

さらに言えば全領域に対応するティエレンタオツーの存在もあり人革連のMSデータは擬似太陽炉を搭載し汎用性の高いMSを開発するのにうってつけであった。
かくしてティエレンのフレーム構造を受け継ぎつつ開発された本機体は高い汎用性を持ち、向上したスペックは第三世代ガンダムにも匹敵、あるいは凌駕するほどの機体性能を持つほどになる。

携帯武器はGNビームライフルGNビームサーベル
ビームライフルはバレルを分解することで、連射性能に優れたサブマシンガンへの組み換えが可能。
またビームサーベルが胴体と腕をつなぐ肩装甲部分に収納されている。
武装はシンプルだが擬似太陽炉搭載型だけあってレジスタンスが所有するバッテリー駆動型のMSとは隔絶した性能を有する。

一見すると胸にレンズがなかったり擬似太陽炉搭載型に見えないが、これはガンダムに対して敵意を持つ一般市民に配慮したため。
非合法な活動を中心とするアロウズには似合わない配慮ではあるが、さすがに市民感情まではヴェーダを通した情報制御によってでももみ消せるものではなかったのだろう。

この機体をベースとし、接近戦に特化した近接戦闘型脳量子波に対応し高い機動性を発揮する脳量子波対応型など特定レンジに特化した機体も開発されている。
GNX-704T/FS アヘッド強行偵察型という長距離の偵察任務を目的とした改修機も存在し、次世代型擬似太陽炉対応MSのテストベッドであるGNX-Y802T ノーヘッドなど、国連軍の内部ではアヘッドの持つポテンシャルに対する期待値は相当高かったものと思われる。

だが主に配備されていたのは悪名高いアロウズであり、カティ・マネキンがアロウズの行ってきた非道の数々を一般市民に公開したことで組織としての権威が失墜。
アロウズの象徴であったアヘッドの開発はストップし、ノーヘッドをベースとした次世代機の研究も凍結されてしまった。

そのため002期以降国連軍の主力はジンクス系MSが返り咲くこととなる。