GNW-002 ガンダムスローネツヴァイ

【型式番号】 GNW-002
【機体名】 ガンダムスローネツヴァイ
【読み方】 がんだむすろーねつヴぁい
【所属陣営】 ソレスタルビーイング・トリニティ
【パイロット】 ミハエル・トリニティ→アリー・アル・サーシェス
【動力】 GNドライヴ[T]
【装備】 GNバスターソード
GNハンドガン
GNビームサーベル×2
GNファング×8
【発展機】 なし

【詳細】

トリニティに属するスローネシリーズ第ニ号機。

GNバスターソードを備える近接戦闘に特化したMSであり、無線誘導が可能なGNファングによって中距離戦においても高い性能を持つ。

右腕にGNハンドガンを装備するため射撃戦にも対応出来、戦局を選ばない万能タイプとも言えるだろう。

国連軍のジンクス部隊の攻撃に疲弊していたところを援軍と称して現れたサーシェスの不意打ちでパイロットのミハエルを殺されサーシェスに奪取されてしまう(本来ならミハエルのバイオトリメクスが無ければ動かせないがウェーダを使って書き換えたらしい)。
そのままトリニティを攻撃し、スローネアインを破壊し現れたガンダムエクシアも追い詰めたがトランザムを発動させたエクシアに反撃され撤退。

その後、国連軍によるソレスタルビーイング総攻撃に参加しサーシェスによって家族を失ったニール・ディランディ(ロックオン・ストラトス)のガンダムデュナメスと戦い彼の右目の不調につけ込みデュナメスを大破させたが、ニールにGNアーマーに搭載されていたGNキャノンで狙撃され爆散した。