GNX-509T スローネヴァラヌス

【型式番号】 GNX-509T
【機体名】 スローネヴァラヌス
【読み方】 すろーねヴぁらぬす
【所属陣営】 国連軍
【パイロット】 不明
【動力】 GNドライヴ[T]
【装備】 GNチェインガン
GNロングバレルライフル
GNシールド
GNディフェンスロッド
【発展機】 GNX-603T ジンクス

【詳細】

アレハンドロ・コーナーが開発したGNX-603T ジンクスの試作機。
スローネシリーズとジンクスシリーズの中間といった姿であり、両肩と両腰から伸びた大型のGN粒子発生装置が特徴的。

機体各部には基となったガンダムスローネの名残が見られるが、コクピット及び頭部形状などジンクスの物に近い仕様となっている。
スローネと異なり、専用施設を備えた基地や母艦からの出撃を前提としているため、擬似太陽炉の始動機は装備されていない。

GNロングバレルライフルや、アインと同型のGNシールド等各種武装は実験的な意味合いが強く、GNチェインガンGNバルカンとして頭部に、GNシールドは廃止され代わりにGNディフェンスロッドを装備することになる。