GN-007 > AL アリオスガンダムアスカロン

【型式番号】 GN-007/AL
【機体名】 アリオスガンダムアスカロン
【読み方】 ありおすがんだむあすかろん
【所属陣営】 ソレスタルビーイング
【パイロット】 アレルヤ・ハプティズム
【動力】 GNドライヴ
【装備】 GNツインビームライフル
GNサブマシンガン×2
GNミサイルコンテナ
GNソード
GNビームキャノン
GNバルカン
GNビームサーベル
【ベース機】 GN-007 アリオスガンダム

【詳細】

GN-007 アリオスガンダムのGNHWバージョンとして考案された計画案の一つ。

両肩のバインダーに内蔵されたGNビームシールドを廃止し、機首部分に大型のGNソードGNビームキャノンを装備。
さらに両肩にGNミサイルを搭載したGNミサイルコンテナを配置して攻撃力の向上を図っている。
超高速で突っ込み機首部分のGNソードで両断する戦闘を想定していたが、装備を多く搭載したことで重量が増えてしまい、アリオスの特色の一つであるスピードが減少。
そのため、ロベール・スペイシーの案でソードとビームキャノンを取り外し、ミサイルコンテナを残したまま低下した攻撃力を大型化させた手持ち武器で補ったGN-007GNHW/M アリオスガンダムGNHW/Mが設計・生産されることになった。

「アスカロン」とは竜殺しの剣から来ている。

なお本来は計画のみで終わったこの機体だが、外伝によればセカンドシーズンの最終決戦において大破したアリオスを修復する過程でこのMSVに改良。
しかし元に戻すことはできず、任務で使用された後劇場版の舞台裏においてELSに浸食されてしまったためやむなく破壊されていたことが判明した。