アクセスカウンター
今日: -
昨日: -
合計: -
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【炎星王】

メインデッキ(42枚)
モンスター(12枚)
勇炎星-エンショウ
炎王神獣 ガルドニクス×2枚
炎王獣 バロン×3枚
暗炎星-ユウシ×3枚
エフェクト・ヴェーラー×3枚

魔法(18枚)
大嵐
死者蘇生
禁じられた聖槍×2枚
強欲で謙虚な壺×2枚
炎舞-「天枢」
炎舞-「天幾」×3枚
炎王炎環×2枚
炎王の急襲×3枚
サイクロン×3枚

罠(12枚)
奈落の落とし穴×2枚
神の宣告
砂塵の大竜巻
激流葬×2枚
リビングデッドの呼び声×2枚
ジェネレーション・チェンジ×2枚
サンダー・ブレイク×2枚

エクストラデッキ(15枚)
A・O・J カタストル
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド
No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
No.39 希望皇ホープ
No.50 ブラック・コーン号
インヴェルズ・ローチ
ヴェルズ・ウロボロス
ガガガガンマン
ジェムナイト・パール
ダイガスタ・エメラル
魁炎星王-ソウコ
恐牙狼 ダイヤウルフ
交響魔人マエストローク
聖刻神龍-エネアード

サイドデッキ(15枚)
ブラック・ホール
ライオウ×2枚
炎舞-「天旋」×2枚
御前試合×2枚
砂塵の大竜巻×2枚
次元幽閉×2枚
増殖するG×3枚
転生の予言

当初は【炎王】を組むつもりでしたが、《炎王獣 ヤクシャ》がまだ届いていないので、【炎星】と【炎王】を掛け合わせた【炎星王】を作ることにしました。
実際に組んでみると炎王の弱点を炎星がカバーし、炎星の打点不足を炎王がカバーするという素晴らしいシナジーを見せてくれました。
よって《炎王獣 ヤクシャ》が届いてもこれに似た形になると思います。

ザンフェスで使用したレシピとは若干異なっていますがこちらがいいと思います。
メインデッキが42枚なのは《炎王神獣 ガルドニクス》を引きたくないからです。
例え、《烏合の行進》の《コケ》が《バニーラ》にニンジンを返して謝罪してきたとしても引きたくないレベルです。

それぞれのカードについて軽く解説します。



《勇炎星-エンショウ》


一番要らないと思われるカードです。
数合わせで入れてあります。
《炎王獣 ヤクシャ》が来たら即決で変わります。

《炎王神獣 ガルドニクス》


このデッキの切り札です。
《炎王獣 ヤクシャ》が無い今、《炎王の急襲》と《リビングデッドの呼び声》でしか出せません。
なので2枚という控えめな採用になっています。

《炎王獣 バロン》


《炎王の急襲》と《炎王炎環》をサーチできるアタッカーです。
このカードに《ジェネレーション・チェンジ》を使うとかなり場が整います。
基本的に《炎王獣 バロン》は《炎王神獣 ガルドニクス》や《ジェネレーション・チェンジ》で相手のターンに破壊することが望まれます。
次のドローの結果、スタンバイフェイズの《炎王神獣 ガルドニクス》の結果を鑑みてサーチ対象を決めるのが望ましいからです。
自分のターンにこのカードを破壊するのは、自分の次の状況も分からずにサーチする上、相手に手札バレしてターンをまわさせるような物なので非常に危険です。

《暗炎星-ユウシ》


炎星最強カードです。
《炎舞-「天キ」》とこれ一枚で《ヴェルズ・オピオン》を処理できる最高のモンスターです。
《炎王の急襲》で《炎王神獣 ガルドニクス》を出した横にこのカードを出すのが非常に強いです。

《エフェクト・ヴェーラー》


一見モンスターに強そうに見えるデッキですが、最大の敵はモンスターです。
罠のメタは《サイクロン》《砂塵の大竜巻》《大嵐》で解決できなくはありませんが、《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》とカオス系のモンスターはそう簡単にはいきません。
また、返しが非常に強力なデッキですがアライブやゼンマイのようなワンキルには脆いです。罠が信頼できなくなってる関係上3積みは不可避でしょう。

《禁じられた聖槍》


炎星の効果の使用、《炎王神獣 ガルドニクス》の効果の使用、どれをとっても必要になるカードです。

《強欲で謙虚な壺》


後半に引くと《炎王神獣 ガルドニクス》の関係上腐るときもあるのですが、炎星要素もある以上抜けれないカードです。

《炎舞-「天枢」》


これがあると場に《炎王獣 バロン》を出しやすくなり場を整いやすくなります。エクシーズの難易度も下がり、活躍の場はあります。

《炎王炎環》


《奈落の落とし穴》の《次元幽閉》を回避することができつつ、ワンショットキルにも加担できる強力なカードです。
自分のスタンバイ、《炎王獣 バロン》で《炎王神獣 ガルドニクス》の成功を確認した後にサーチすると《炎王炎環》がある限り毎ターン4500の火力が手に入ります。

《激流葬》


このデッキの最強のバックです。
《炎王獣 バロン》《炎王神獣 ガルドニクス》を有効にしつつも相手のワンキルを妨害できます。

《ジェネレーション・チェンジ》


《炎王獣 バロン》の効果を相手ターンで起動するために使います。
相手ターンでは低打点を晒してしまう《暗炎星-ユウシ》にも使え、相手の計算を狂わすことができるのでお勧めです。
ただ終盤になると使いづらくなるので厳しいカードでもあります。
《炎王獣 ヤクシャ》が来たら裏側でも使え、腐りにくく、ワンキル予防としても機能する《デストラクト・ポーション》に切り替わるかもしれません。

《サンダー・ブレイク》


ヤンデレな《炎王神獣 ガルドニクス》を処理します。
《ナチュル・ビースト》や《セイクリッド・プレアデス》と罠以外の対象は割と多いです。

《恐牙狼 ダイヤウルフ》


炎王を割れます。
次のスタンバイ、《炎王神獣 ガルドニクス》が戻ってくる前に罠を割るなど色々役目はあります。

《ブラック・ホール》


《セイクリッド・プレアデス》と《ライオウ》対策です。
《炎王獣 バロン》セットして発動とかもします。

《炎舞-「天セン」》


ヴェルズ対策です。
炎王はヴェルズ下級を全て打点で超え、発動時は炎星も合わせ《ヴェルズ・オピオン》を突破できます。
《暗炎星-ユウシ》の弾にもなりますし、《侵略の汎発感染》による妨害も受けません。

《御前試合》


ゼンマイと六武対策です。

《次元幽閉》


暗黒界対策です。



《炎王獣 ヤクシャ》が来たらもっと面白くなるので皆さんも是非組んでみてください。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー