ナウシア

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクター名 ナウシア
   性別  
   種族   リオル
   特記   「欠乏」「忍耐」のルーン
 口調・口癖  常に畏まった口調。一人称は「自分」、二人称は「~殿」

詳細:主人に捨てられ暴行されていた所を、エワンに拉致られ、シーグルの手持ちに入る。
   自我や自主性と言った物がとても薄く、所有者である主人に絶対服従の性質。
   基本的に、誰かの命令がなければ口を開かず、何かをする事も無い。

   生まれた時から「物」として扱われ、本人もそれを徹底していたが、
   リオルとしての性質(主人との波動が合わなければ、進化も出来ない)故に
   本来の能力を発揮できず、結果役立たずとして捨てられてしまった。
   その考えは未だに強固だが、今はマナに名前を与えられ、
   共に普通の命として生きられるようにと見守られている。

   リオル特有の波動を感じる力はきちんと扱うことが出来るようで、
   知覚出来ない筈のイサの存在を感知し、一行の窮地を救う。