小島一志の正しいwiki(人権保護の会編)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小島一志(こじま かずし)
編集者、作家、会社役員

1959年生まれ。早稲田大学商学部卒業。元「月刊空手道」「月刊武道空手」編集長。
編集制作会社代表。
柔道、極真空手の有段者。

【来歴】
県立栃木高校卒業後、立教大学社会学部入学。1年で中退後、早稲田大学商学部に再入学(1979年)。卒業後、武道専門出版社に入社。「月刊空手道」編集長に就任(1986年)。1988年独立し編集制作会社を設立。「月刊武道空手」編集長を務める。1990年から作家活動を開始。1995年、極真会館機関誌「極真空手」をプロデュース。

【人物・特徴】
小学生時代から柔道を学び早稲田大学入学後、極真会館入門。柔道、極真会館の有段者。
仕事柄、格技・空手界に広い人脈を有する。特に極真空手系関係者との交流が深く、極真会館館長・松井章圭とは親友関係にある。
熱狂的なファンが目立つ一方、偽悪者かつ直言居士的発言の多さから批判的な立場を取る人間も多い。