※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

背景 - ツンデレ(仮)

  • 神社の一人娘。家業の手伝いで巫女をすることもある。
  • 父・勝利(かつとし)、母・朱美(あけみ)の3人家族。
  • 神社は『唯、強くあれ』の教えが伝わる。
  • 強くあるために父・母ともに戦闘の修行が日常茶飯事的に多く行われていた。
  • 小さいころから対戦好きで、強そうな相手なら誰彼かまわず勝負を挑んでいた。
  • クーデレ(仮)とは小さい頃からの知り合いであるが、一方的にツンデレ(仮)が勝負を挑んでいく関係。

  • 武器「雷神唯一」は神社に奉納されていた神具であるが、その昔「呪われている」とされ封印されていたものだった。
  • 「雷神唯一」の能力は使用者に「雷の想像を広げさせる」こと。持った瞬間に自分の中を鮮明な雷のイメージが駆け抜ける感じ。このことが呪われているとされていた。しかし、現力を用いる現代では、想力の増強として役に立つことがあげられる。
  • 強くなっていくライバルに焦りを感じていたツンデレ(仮)は、これを勝手に持ち出して父からの(怒りの)カミナリも受けてしまう。

  • あるときクーデレ(仮)と同時に、同じ男の子を好きになった。お互いを超えなければならない理由が増えた。
  • 互いに性格のため、自分から好きだと言い出せない。
  • お互いが納得するためにも、対戦は繰り返される。