※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

背景 - クーデレ(仮)

  • 現代における騎士
  • 『騎士』とは、実現世界において私設の治安維持組織に属する肩書き。
    • 各所の公的な警察機構も存在するが、地域の生活に「現力」の問題の解決にあたるため、民間からの信頼も大きい。
  • 厄介ごとの多くを依頼されるため非常に大変だが、憧れの対象ともなっている。

  • ある少数武術流派の末裔。
  • 遠い先祖が開いた流派であるが、細々と伝えら得てきた。
  • 本人は現代の生き方として流派を受け継ぐだけでよいのか悩み、『騎士』として活動することを目指した。
  • ある王室の御前試合により、『騎士』としての称号を得、地域のために働こうとしている。

  • あるときツンデレ(仮)と同時に、同じ男の子を好きになった。お互いを超えなければならない理由が増えた。
  • 互いに性格のため、自分から好きだと言い出せない。
  • お互いが納得するためにも、対戦は繰り返される。