出題ジャンル

8つ (+1) のジャンルに分けられているが、複数のジャンルに共通して出るような問題もある。(例えば、「漫画が原作のドラマ」に関する事は漫アゲでもエンタメでも出題され、QMAと違い、同じ問題が出題されることもある)


自然科学

物理・化学・生物・地学・数学・医学・天文学等、理数系問題全般。
元素番号や法則名、科学者の名前など、大学レベルの専門知識必須で高卒以下には厳しい問題も多い。
QMAでいうところの理系学問に当たるが、動物・植物等に関する問題全般もここから出題される(QMAではライフスタイル(グルメ・生活)から出題)。但し、ペットとしてみた場合は趣味雑学、食材としてみた場合はグルメ生活とジャンルを共有する。
多答系では計算問題頻出だが、最近は新問に押されてかその頻度が激減しているように感じる。科学史や大陸の面積など地歴に近い問題も頻発するので注意。
星座に関する問題は自然科学でも趣味・雑学でも出題されることがあるので注意。
  • 余談だが、気候や地形に関する問題はQMAでは社会(地理)で出題される。

語学・文学

語学系。国語 (現代文・古文・漢文・文法)、外国語などの言語全般や文学全般。
QMAでいうところの文系学問とライフスタイル(一部)に当たるが、歴史は出題されない(歴史・地理・社会から出題)。
実際には、日本や世界の古典・近代文学に加えて、ことわざ・慣用句・熟語・故事成語・漢字(部首、難読語含む)からの出題が多い。
リアルクイズで定番の百人一首や俳句短歌、詩、童話、神話(聖書や仏典なども含む)、昔話、またライトノベルからの出題も。
外国語分野は英語問題が一番多いが、ごく稀にフランス語や中国語・ドイツ語・ロシア語など世界各国の言語の知識を必要とする場合もある。
AnAn2になって、語学よりも文学のウエイトが高くなったようだ。また、2になり作詞家・タレント本・歌舞伎や浄瑠璃などの分野が一部エンタメからこちらに移った模様。

歴史・地理・社会

日本史・世界史・地理・公民・政治・経済・倫理・現代社会など社会科全般。
意外と時事問題が少なく、歴史問題が多い感触がある。
QMAでいうところの社会に当たるが、歴史もここから出題される(QMAでは文系学問(歴史)から出題)。
「エンタメに属さない芸術全般」「神話」「宗教」もここに含まれているようで、画家の名前や簡単な美術用語、仏教やキリスト教等に関する事などを問われる事がある。
多答では地理問題の比率が上昇し、「各都道府県の施設・建造物・名称」を問われる事も。

エンターテイメント

テレビ・ラジオ・映画・ニュース・お笑い・芸能人・歌謡・音楽・楽器など芸能全般。クラシック音楽や伝統芸能(落語・狂言・歌舞伎など)、ミュージカルや舞台演劇も含む。
娯楽関係ばかりでなく、学校で習う音楽史や記譜法などもここから出題される。
QMAでいうところの芸能に当たる。
古い時代の名作より、近年の国内で放映されるテレビ番組・国内で上映される映画の分野・国内のポップミュージック関係からの出題が多いように感じられる。
おっさん問題、おっさんキラー問題も多いのも特徴。

漫画・アニメ・ゲーム

サブカルチャー全般。特撮や声優を含む。
ドラマ化された作品に関してはエンタメとジャンルを共有している物が多い。
QMAでいうところのアニゲとライフスタイル(一部)に当たる
実際は漫画問題が多く、ゲーム問題が少なめ。テーブルゲーム関係は趣味雑学、ライトノベル(一部)は語学・文学の方に包括されるため、QMAと全く同じ感覚では挑めない。余談だが、義務教育で習う要素が1つもない唯一のジャンルでもある。そのためか、学歴が高いほど苦手になりやすい傾向がある。また、リアルクイズ番組でもほとんど取り扱われないが、上位リーガーには逆に対策されやすいのもこのジャンル。

漫画:ジャンプを中心とした大手系少年誌掲載作品が多いが、女性向け漫画誌からの問題や、80年代以降生まれには厳しいのではという問題などかなり幅広い。登場人物や舞台背景など内容に踏み込んだ問題も多い。スペシャルジャンル(後述)由来の問題も存在する。

アニメ:過去の名作、近年の作品の有名どころからの出題が主であったが、ANAN2から、登場人物や舞台背景など内容に踏み込んだ問題が増えた。テレビ東京系列の地方局がない地域は地味に不利だったりする。

ゲーム:新作・レトロゲーム織り交ぜて出題。タイトルとしては有名なのが多め。超有名タイトルからは詳細な内容に関する出題もある。やはりセガ関連のゲーム問題はよく見かける。
また、AnAnでは出題されないと思われていたコナミ関連のゲーム問題に関しても、最近では少しずつではあるがちょくちょく見かけるようになってきているようだ。
  • QMAと異なり、パチンコ、メダルゲームなど年齢制限があるものを題材にした問題も出題される。
  • コナミ以外のメーカー関連のゲーム問題はQMAでもAnAnでも出題される。

スポーツ

野球やサッカー、バレーボール・バスケットボール、相撲や格闘技、陸上・水泳・オリンピックなど、各種スポーツ全般。
QMAでいうところのスポーツに当たるが、競馬や競艇問題は出題されない(趣味・雑学から出題)。

多答は野球・サッカー・オリンピック比率が高いが、早押し系は各種スポーツのルールなど、学校で習う周辺知識を問う問題が多い気がする。
F1などは、モータースポーツとしてみた場合スポーツジャンルに分類されるが、「車」の部分を出題の意図とする場合は趣味雑学に分類されるようだ。

グルメ・生活

衣食住に関わる事全般のジャンル。グルメ・ファッション・家庭科(被服・住居・保健・調理・栄養学)・色彩に関する雑学など。
雑学、動植物に関わる出題の中でも、食べ物・飲み物に関する事柄はこちらに含まれる。
メーカーや商標は基本的に趣味雑学の範囲だが、食品や化粧品など衣食住に関わる物はこちらから出題される。
多答系で「都道府県の名物・名産品」を聞かれる事多し。


趣味・雑学

学問系ジャンルに属さない知識・雑学全般。テーブルゲーム(囲碁・将棋・トランプ・麻雀など)を含む。

出題範囲は多岐に渡るが、交通(車・飛行機・船・鉄道など)・通信(電話・郵便など)・ギャンブル(競馬・パチンコなど)・暦(十干・記念日など)・コンピュータ、インターネット関連・版権キャラクター関連・軍事・ペット・企業・商標などを問う問題等も。

おおむね「一般知識」を問う問題が多いもののその範囲は広く、競馬・パチンコ(パチスロ)などに関する出題はかなり深い所を聞いてくるため、普段ギャンブルをしない人には全く分からないことも。

スペシャル

期間限定で配信される特別ジャンル。
期間中は予選ラウンド・決勝でランダムに出題される。
逆転ラウンドのジャンル選択画面で選択することも出来る。配信期間以外は選択不可。
An×An2に引き続き、チャレンジイベントにて登場。
An×An2とは異なり、参加するかどうかを選択できる模様。
上位入賞者には、限定タイトルやボーナスクイズ力・賞金が与えられる。

An×An2で配信されたジャンル

幕末(2010年1月22~24日):幕末の偉人や出来事、幕末が舞台のドラマ・アニメまで。
J-POP(2010年2月19~28日):様々な世代の日本で流行した音楽に関する出題。
オリコン(2010年3月19~25日):オリコンの様々なデータからの出題。
お笑い(2010年5月3~9日):落語からコントまで様々な時代の「笑い」に関する問題から出題。