「ブラボーシステム」とも言う。
4人対戦で使用可能。



使用できるモード

タッチアクションは以下の4人対戦の場合のみ使用できる。
具体的には以下のモードで使用可能。
  • 全国対戦の通常予戦
  • 全国対戦の予戦の特番「サバイバルバトル」
  • 店内対戦の4人対戦
  • 全国ダブルス(4人対戦)(※一部不可。)
以下の2人対戦では使用できない。
  • 全国対戦の決勝
  • 全国対戦の予戦の特番「総当たりバトル」
  • イベント大会 (アンサータワー)
  • 店内対戦の2人対戦

他のアバターをタッチ

自分と送った相手にのみ表示される。

通常時に自分以外のアバター (もしくは解答台) にタッチすると「ブラボー」を送る。

特定の状況で相手アバターにタッチすると「ドンマイ」と慰める。
  • 相手の誤答直後
  • 爆弾押しつけクイズにおける、爆弾押しつけ爆破の前後
  • 逆転ラウンド終了時に予選落ち確定
  • 他にもある?

「ブラボー」や「ドンマイ」をもらった直後に相手をタッチすると「サンキュー」と返す。
一定時間経過すると「ブラボー」を送れるようになる。

タイミングによって、ブラボーの文字が出るだけでアバターが動かない。

対戦者から「ブラボー」を送られると1プレイ終了時にボーナスがもらえる。
但し、「ドンマイ」や「サンキュー」は賞金ボーナスの対象とならず、意志表示のみとなる。

自分のアバターをタッチ/スライド

「リアクション」として全員に表示される。
どれもキャラが「アクション」を取るのみで特別な効果はない。もちろんボーナスの対象とはならない。

以下、デフォルトのアクション。
  • アバターにタッチで「負けないよ!」: 顔を叩く気合入れアピール。
  • 解答台をタッチで「悔しい~」: 男の子は拳を振り下ろす。女の子は両足をじたばた。
  • 下から上にスライドで「喜」: 「調子いい」のアピール。男の子は両手を振り上げてナイスポーズ。女の子は手を叩いてジャンプ。
  • 左から右にスライドで「気合」: 男の子は拳を手のひらに打ちつけて「ここが勝負だ」と気合を入れる。女の子はシャドーボクシングの構えで「にやり」と笑う。
  • 右から左にスライドで「やられた~」: 男の子は頭に手を当て「まいった~」のポーズ。女の子は~
  • 上から下にスライドで「哀」: 男の子は腕を顔にあてて、うなだれて泣き顔に。女の子は顔に手をあてて首をかしげる。

また、これ以外のアクションも存在し、An×An.NETのQPで購入できる。
選択したアバターの性別やパターンにより購入できるものが異なる。

アクションは連発不可能。 複数のアクションを行う場合は、一定時間待つ必要あり。

ブラボーアクションが元に戻るタイミング

  • 表情の変化 ・u・ → ・_・
  • 幕間が終わり出題に入る画面に移行したとき
    • ギリギリでのブラボーの場合、数秒間は移行しても元に戻らなくなった。
  • 次の問題に入るとき


全国ダブルス特有のアクション

ペア 操作内容 発生するアクション
女ペア パートナーが喜び(↑)モーションをしているとき、自分のキャラをタッチ 2人で向かいあいながら手をつないでスキップ(虹出現)
女ペア パートナーが悲しみ(↓)モーションをしているとき、自分のキャラをタッチ 肩を組み合い、2人で泣く
女ペア パートナーが普通のモーション(普通にタッチ)しているとき、自分のキャラをタッチ 2人で向かい合って「えいえいおー!」と腕を上げながらジャンプ
男女 パートナーが喜び(↑)モーションをしているとき、自分のキャラをタッチ 2人の手でハートマークをつくる(ハート出現)
男女 パートナーが悲しみ(↓)モーションをしているとき、自分のキャラをタッチ 肩を組み合い、2人で泣く
男女 パートナーが普通のモーション(普通にタッチ)しているとき、自分のキャラをタッチ 2人でガッツポーズ(炎出現)
男ペア パートナーが喜び(↑)モーションをしているとき、自分のキャラをタッチ お互いに拳同士を叩き合い、讃えあう
男ペア パートナーが悲しみ(↓)モーションをしているとき、自分のキャラをタッチ 肩を組み合い、2人で泣く
男ペア パートナーが普通のモーション(普通にタッチ)しているとき、自分のキャラをタッチ 2人でガッツポーズ(『うおおおお』の字幕&炎出現。キャラの目にも炎が灯る)
不問 パートナーのキャラを下から上(↑)となぞる パートナーに向かって○のポーズで「すごい!」とホメる
不問 パートナーのキャラを上から下(↓)になぞる パートナーに向かって×のポーズ「ガッカリ!」とケナす
不問 ペア対抗戦でパートナーが対戦中に早押しボタンを押す パートナーに向かって「がんばれ(がんばって)」のフキダシが出現

上記の表の通り、パートナー(相方)が「リアクション」を行っている最中(最中)に自分をタッチすると、便乗してダブルタッチ(別称:ペアアクション)を行える(※店内ペアのみ、アイテムチャンスがある相性ptが加算される)。

また、これらの「リアクション」から他の「リアクション」へ連鎖する場合もある。

タッチアクションの無効化

問題出題中の画面で、問題文の上の出題ジャンル表示欄(「エンターテインメント」「趣味・雑学」等と表示されているところ)を長押しすると、上述の全てのタッチアクションを無効化することができる。(通称:「ブラボーoff」「サイレントモード」。)
そのプレー中のみ継続し、次のプレーになると再度有効になる。同じプレー中に有効にする事はできない。

ブラボーoff状態では、全ての対戦者のタッチアクションが自分の筐体では表示されなくなるほか、自分が行ったタッチアクションも他の対戦者の筐体には反映されなくなる。タッチアクションを無闇矢鱈に連打する対戦者がいて気が散る場合等には有効な対策である。

なお、プレイ終了時の「対戦者からのブラボー」によるボーナスは、自分の筐体にタッチアクションが表示された回数によって算定されるため、自分がブラボーoffの状態で対戦者がブラボーしてくれていたとしても、ボーナスに反映されることはない。