※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ライナス / グランディス=グラシア
君、プリーストだな?
だったらこの地のプリーストたちの教育を担当していらっしゃるグランディス殿を訪ねてみたらどうだい?
グランディス殿はヘンドンマイアに新しく建てられた大聖堂の前におられるぞ。ヘンドンマイアはここから西へと進むと出る。
だがよ、もしかして君、ヘンドンマイアの地図を持っていないか?だったらまずロリエン深部をクリアしてから行くことだな。

-クリア-
グランディス / グランディス=グラシア
聖なる道に導かれた方ですね。
これからプリーストのスキルを習得する際にはいつでも私をお尋ねください。
聖なる力が貴方と共にあらんことを。

  • グランディス / 聖なる道-最初の任務
今の世には偽装者以外にも世界の安全を脅かす輩が多く現れています。
我々プリースト達が世に姿を現したのもまた、それらを浄化する為である事を十分に承知なさっているでしょう。
まずは小さい任務から始めましょう。マークウッドに行き、タウアーミーを退治してくるのです。

グランディス / 聖なる道-最初の任務
-クリア-
ご苦労様です。

  • グランディス / 聖なる道-二番目の任務
グランプロリスの森に現れたルガルという獰猛なモンスターのせいで、善良な人々が被害にあっていると聞きました。
我々プリースト達の手でルガルの数を減らす必要があるのではないでしょうか。

-クリア-
グランディス / 聖なる道-二番目の任務
ルガル達を始末されましたか?

  • グランディス / 聖なる道-三番目の任務
今回の任務は多少危険になるかもしれません。
100年に1度現れるというアルビノゴブリンが出現してゴブリンの王として君臨し、ゴブリンの勢力を統合しているようです。
今そのゴブリンを退治しなければどのような脅威に成長するかわかりません。
ですが、お気をつけ下さい。アルビノゴブリンは雷を思うがままに操れると聞きました。

-クリア-
グランディス / 聖なる道-三番目の任務
無事に戻ってこられましたね。貴方は神の祝福を受けていらっしゃる方に違いありません。

  • グランディス / 聖なる道-四番目の任務
以前にルガル達を相手にした事がおありかと思います。一筋縄ではいかない相手だと十分承知でいらっしゃるでしょう。
ルガル達の中でも、邪悪で強力なことで知られているフェンリルを退治する事が今回の任務です。

-クリア-
グランディス / 聖なる道-四番目の任務
待っておりました。やはりそう簡単ではなかったでしょう?

  • グランディス / 聖なる道-五番目の任務
最近狂気の魔法使い、ケラハの噂で街は持ちきりのようです。
我々プリースト教団では暴走した魔法使い姉妹がもしや偽装者ではないかと、疑っています。
そこで貴方に直接確かめて頂きたいのです。
偽装者と判明するか、そうでなくても大きな脅威になると判断されましたら、躊躇う事などありません。その場で始末してください。

-クリア-
グランディス / 聖なる道-五番目の任務
ケラハは偽装者では無かったのですね…ですが、正しい判断だったと思われます。

  • グランディス / 聖なる道-六番目の任務
善良な人々を脅かすタウ達の事はご存知のはず。
プリースト教団ではタウ達の王、シャウタを退治してタウ族を混乱させ、全滅させる計画を立てています。
私はこの任務を成功させられそうな人物として貴方を推薦しようと思いますが、やり遂げられそうですか?

-クリア-
グランディス / 聖なる道-六番目の任務
お見事です。教団でも貴方の業績を褒め称えています。

  • グランディス / 聖なる道-最後の任務
これで最後の任務となります。
この間貴方の手で倒したケラハの姉、ビノーシュの行方が捕捉出来ました。
妹同様偽装者では無いはずですが、この世の安寧を脅かすような要素は排除しなければなりません。
今までの任務とは桁違いに困難な任務になるはずです。行動を共にされる方を探してみてはいかがでしょうか?

-クリア-
グランディス / 聖なる道-最後の任務
困難な任務でしたが、見事に成し遂げられました。
今までこの私グランディスが僭越ながら貴方の冒険の指導をさせて頂いてましたが、これからは自らの力で切り抜けるべきでしょう。
もちろん、私の助力が必要でしたらいつでもお訪ね下さい。世界に蔓延る悪を滅する為の技術をお伝えしましょう。
また、18レベルになり「転職」の時をお迎えになったら、私をお訪ね下さい。転職の方法を教えてさしあげましょう。
辛くとも正しき道を歩まんとする汝に、神様のご加護があらんことを…。


  • クリア後
世界は堕落し、まるで偽装者の巣穴のような所だと思ったが…私の勘違いだったか。
美しい森は破壊されつつあるが、まだ残っている綺麗な空気だけでも、神の御前への一歩を踏み出したような爽やかさを感じる。
神よ…感謝致します。