※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ライナス /天界から来たガンナー、キリ
キリは背が高くてはきはきした性格の女性ガンナーだ。
噂では、天界から来た天人だそうだ。
君はガンナーの道を目指しているようだから俺がキリに紹介状を書いてやるよ。
キリはエルブンガードの西にあるヘンドンマイアにいるぞ。
もしヘンドンマイアの地図を持っていなかったら、まずロリエン深部をクリアすることだな。

-クリア-
キリ・ザ・レディー / 天界から来たガンナー、キリ
あら~あなたも天人ね!!
本当に嬉しいわ~同郷人に会えるなんてねえ。
やっぱり私たち天人の女性は可愛くて魅力爆発なのよ。
この先ガンナーの技術を習得するんだったらこのキリ姉さんに会いに来るといいよ。

  • キリ・ザ・レディー / 皇室の園の花-冒険の始まり
あ、そう。あんたは「下の世界」のことなんかさっぱりわからないでしょう?
あたいだって、初めはそうだったのよ。
驚いている暇さえなかったほどだったもの。
なに、腕試しをしてみたいの?
そんなことならこのお姉さんに任せなさい。
どれどれ…今のあんたにはマークウッドあたりが最適ね。

-クリア-
キリ・ザ・レディー / 皇室の園の花-冒険の始まり
あら、もう終わったの?
ごめん。あんたの腕を見くびっていたようね。

  • キリ・ザ・レディー / 皇室の園の花-2番目の冒険
でも今回はちょっと厳しいよ?
ルガルのやつらはね、本当にずる賢くて、このお姉さんもてこずっていたのよ。

-クリア-
キリ・ザ・レディー / 皇室の園の花-2番目の冒険
へえー、見かけによらず、結構強いじゃない!

  • キリ・ザ・レディー / 皇室の園の花-3番目の冒険
よぉぉし!今回はあんたでもちょっとてこずるところを紹介してあげる。
サンダーランドって知ってる?
そこには雷を思うがままに操るゴブリンがいるんだって。
まぁ、噂なんだから本当かどうかはわからないけど、サンダーランドに行ってくるって言ってた連中がまだ戻ってないのよ。
でも、あんたなら問題ないでしょ?

-クリア-
キリ・ザ・レディー / 皇室の園の花-3番目の冒険
本当にいたの?雷を呼ぶゴブリンが?

  • キリ・ザ・レディー / 皇室の園の花-4番目の冒険
こうなったらもうあんたを甘く見ることなんてできないわね。
もっと強いモンスターたちを相手にしたければ、ポイズンサンダーランドに行ってみるといいわ。
言っておくけどね、今回は本当に気をつけなきゃいけないよ。冗談じゃないから!

-クリア-
キリ・ザ・レディー / 皇室の園の花-4番目の冒険
もう行ってきたの?ポイズンサンダーランドに?

  • キリ・ザ・レディー / 皇室の園の花-5
最近ね、街では狂気の魔法使い姉妹のことで持ちきりよ。
グランプロリスの森の南東部にフロストマークウッドっていう地域があるんだけど、そこに姉妹の妹の方、ケラハがいるに違いないって話よ。
今回だけは本当に気をつけなきゃダメよ。
あたい達天界人は魔法のことなんか、全然分からないんだからさ。

-クリア-
キリ・ザ・レディー / 皇室の園の花-5
会ったの?あのケラハに?

  • キリ・ザ・レディー / 皇室の園の花-6
あんた、本当に使えるタマなんだね。
なに?もっと緊張感の持てる相手に逢いたい?
う~ん…誰がいいかしら…あ!
どうせならタウの連中の王様を相手にしてみたらどう?

-クリア-
キリ・ザ・レディー / 皇室の園の花-6
え、もうタウの王様をやっつけちゃったの?
本当に見直しちゃうわ。

  • キリ・ザ・レディー / 皇室の園の花-新たな冒険の始まり
下界のこと、大体はわかったでしょ?
そうよ。ここも天界と一緒で混乱に満ちてるみたいよ。
明らかに何か起きているに違いないわ。
あんたが出会ったケラハもその姉のビノーシュも、本当はただの魔法を知りたがっていただけの仲の良い姉妹だったのよ。
それが、森で何か怪しい力に冒されてそうなったって言うじゃないの。
あ、ビノーシュまで阻止しに行くって?
そうね…止めたりはしないけど、今回ばかりはやばそうな感じがするよ。気をつけてね。

-クリア-
キリ・ザ・レディー / 皇室の園の花-新たな冒険の始まり
ふぅ~戻ってきたのね。心配したじゃない。
あんたが強いのは事実だけど、最近の大陸は天界の無法地帯同然で危険な場所だからあまり油断しちゃダメよ。
あたいはね、天界にいた時いろんな分野に興味があって色々勉強していたんであんたの役に立てるかもしれない。
いつかレベル18になって、「転職」する時が来たらあたいのとこに来なさい。手伝ってあげるわ。
じゃ、いつかまた会おうね~。


  • クリア後
皇女を救い出すために、定かではない伝説にさえ己の命をかけた皇室の園の花々。
何よりも美しいが、その美しさより鋭い棘を抱いている彼女達の威名はこのアラド大陸にも轟いてゆくに違いない。