※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ライナスの不安
ライナス
 大変だ・・・どうすればいいのか・・・。

ガンナー(女)
 どういうことですか、ライナスさん。顔色がすぐれないようですが。

ライナス
 おお!お前か。いい所に来てくれた。

ガンナー(女)
 私でよければ喜んで手伝います。まず何かあったのか聞かせていただけますか?

ライナス
 そうだな。わかった。俺の話を聞いてくれ。
 最近クライムバッファローって連中があっちこっちで地面を掘り返してやがるんだ。
 盗掘屋の連中など気にしねえがよ、やつらが触れてはいけないものに触れちまったんだよ。
 忘れられた恐怖の場所、悲鳴の洞窟へと繋ぐトンネルを掘り出しやがったんだ。

ガンナー(女)
 悲鳴の洞窟って、この大陸でアガンゾとブワンガの武勇伝で名の高いあの…?

ライナス
 そうだよ。あの呪われた場所が、クライムバッファローの連中のせいで再び開かれたんだ。
 忘れられた悲鳴の洞窟がまた開かれて、どんなことが起きるか全く想像もできねえ状況になっちまったんだ。
 悲鳴の洞窟を調査したいのは山々だけど、どんな危険が待っているかわからんからむやみに進入するわけにも行かねえ。
 それでだ。誰か悲鳴の洞窟のことを知っていそうな者を探し出してくれねえか?

オルカ
 どんな用事があって、この寒い辺境にまできたのカ?若い天界人ヨ。

  • ブワンガは知っている
オルカ
 悲鳴の洞窟のことなラ、我がバントゥ族がよく知っていル。
 特に我が兄者のブワンガは直接あの洞窟に入っていた経験があル。
 ちょうど兄者もここに下りてきていル。直接聞いてみるといイ。

ブワンガ
 久しぶりだナ、天界人。悲鳴の洞窟のことが知りたいト?
 おかしいナ…確かこの間、ワタシの知っていることは全部聞かせてやったつもりだガ、その上何が知りたいト言うのカ?

ガンナー(女)
 エルブンガードから悲鳴の洞窟へと繋がる通路が再び開かれたという噂を聞いて、あなたに伺いたいことがありまして。

ブワンガ
 あの時の悲鳴の洞窟でハ、シロコの影響かモンスター達が奇怪な姿に変わっテ、凶暴になっていタ。
 その影響は人間にも現れていタ。
 このブワンガはあのような雑な気に犯されたりはしないガ、他の者達は洞窟の近くに接近するだけで倒れていタ。
 しかシ、接近する方法が全くないわけではなイ。次元の刃とやらを持っていればその影響が減少すると聞ク。
 確かあの時、プリースト達に作ってもらった覚えがあるガ…グランディスという娘がその技術を伝授したと聞いタ。
 その娘に会ってみるといいだろウ。

グランディス
 聖なる力の加護が貴方にありますように…何のご用でしょうか?

  • 聖なる次元の刃
グランディス
 あの特殊なエネルギーを中和できる「聖なる次元の刃」なら、私が作れます。
 ですが、聖なる次元の刃を作るためには巨大な災難を予見するという「災いの兆し」と青色キューブのかけらが必要です。
 しかし、災いの兆しは伝説の中の物体。入手はさぞ困難でしょうが…。

 まさか本当に災いの兆しを入手されるとは…一体どこでこれを?
 そんなに難しくはなかたって…?それが本当でしたら、恐ろしい災いが目前に迫っているに間違いありません!
 至急でこの事件を我がプリースト教団に報告しなければなりませんね。
 「災いの兆し」さえ持ってきてくだされば、聖なる次元の刃はいくらでも作って差し上げます。

  • 探索、悲鳴の洞窟
ライナス
 で、悲鳴の洞窟のことは調べてみたんだな?

ガンナー(女)
 大体のことは掴めました。悲鳴の洞窟でシロコのエネルギーから逃れるためには聖なる次元の刃が要るそうです。
 必要になるだろうとと思いまして、相談もせずに勝手に作ってもらってきました。

ライナス
 でかしたぜ。さあ、今度は悲鳴の洞窟を捜索してくれねえか?

ガンナー(女)
 は…い?今すぐですか?でもまだ心の準備が…。

ライナス
 だよな。こんなおっさんの鍛冶屋の頼みなんか、だれが聞いてくれるもんかよ。
 年はくっててもう体も萎えちまったし…みんなに無視されるばかりだ…こんな人生もういやだ…(ブツブツ)。

ガンナー(女)
 わ…わかりました!すみません!ごめんなさい!行けばいいんでしょう、行けば!

ライナス
 やっぱりお前は正義のヒロインだよな~。悲鳴の洞窟についたらな、ますはあっちこっち掘りやがってるクライムバッファローの連中から片付けてくれ。
 もうこれ以上危険なマネをさせておくわけにはいかねえだろう?

 どうだった?悲鳴の洞窟は。

  • 強力な支援者を求めて
ライナス
 それで、悲鳴の洞窟はどうなってた?モンスターでウジャウジャだった?

ガンナー(女)
 皇女の園での日々の鍛練がなかったら、苦戦していたのでしょう。特に、あの巨大な虫は一番脅威的な存在でした。

ライナス
 巨大な虫?そいつはヌゴルだな。
 あいつら、シロコによって絶滅したと思っていたが…。
 本当にヌゴルならお前1人じゃ無理かもな…。あの人ならお前を助けてやれるかもしれんな。

ガンナー(女)
 あの人って…もしや…。<npc::1 ※文字化け?

シュシア
 いらっしゃいませ。お疲れのようですね。どうぞおくつろぎを。

  • 支援者の正体
シュシア
 ああ…ライナスさんがおっしゃった協力者に会いにいらしたんですね。少々お待ちください。すぐその方をお呼びしますわ。
 アガンゾさん~このお客さんがあなたに会いたいですって。

ガンナー(女)
 あなたでしたね。あの名の高い剣士アガンゾさん!こうしてお会いできて、光栄です。

アガンゾ
 お前だったのか…ライナスの言っていた者は。俺の足手まといになるのは勘弁して欲しいな。
 お前を守ってやる余裕などないからな。

ガンナー(女)
 アガンゾさんは、皇女の園のことをお聞きになったことがないと思えますね。だったら…。

アガンゾ
 もっとマシなやつが来ない限り、私を呼ばないで欲しいな、シュシアさん。

ガンナー(女)
 私の実力を見ようともせず、そこまでおっしゃるのですか…。

シュシア
 アガンゾさんにあなたのことを認めてもらいたいんでしょう?では、あなたの強さを証明する必要がありますわ。
 悲鳴の洞窟からその証拠を手に入れてくるのです。そうすればアガンゾさんもあなたのことを見直すでしょう。
 それが証明ですね?さあ、アガンゾさんに見せてあげましょう。

  • スカルケイン
シュシア
 アガンゾさん~アガンゾさんー!!

アガンゾ
 シュシアさん。私のことは放っておいてくれと言ったはずだが…む?またお前か。
 異界からの恨みか…確かに、悲鳴の洞窟で何とかやっていけるだけの腕は持っているようだな。
 だが、果たしてスカルケインを倒せるほどの実力までは持っているか?
 死んだ後シロコの影響でモンスターになってしまったけど、生きていた時は凄い戦士だった。

ガンナー(女)
 もし、あのスカルケインを倒すことができたら…?

アガンゾ
 その時にはお前を認めてやってもいいが、それはお前がスカルケインを倒した後の話だ。

シュシア
 いたしかたありませんわね。スカルケインを倒してきてください。その時にはわたくしからもアガンゾさんを説得してあげますから。

 スカルケインを倒されましたか?

  • アガンゾと同行

シュシア
 アガンゾさん~!冒険者さんが来ました。

アガンゾ
 お前もしつこいな。1人で悲鳴の洞窟でよくやっているではないか。
 どうしても同行してもらいたいなら、行ってやる。しかし、これで最後だ。これ以上はまっぴらごめんだ。

シュシア
 説得に成功しましたね。アガンゾさん…悲鳴の洞窟には悲しい思い出があるからああなさるのでしょう…。
 アガンゾさんと悲鳴の洞窟からお帰りになったら、わたくしの所に来てください。

 どうでしたか?悲鳴の洞窟の問題は解決になりましたか?

  • アガンゾに認められる

シュシア
 実はアガンゾさん、すっかり隠者気取りになっていて並みの腕前の方では同行しようとなさらないのですわ。
 口に出してはいませんけど、冒険者さんを認めていらっしゃるようです。

アガンゾ
 よけいなことを…。お前が思ったより強かったと言うことは認めよう。ライナスにはしばらくは安心してもいいと伝えてくれ。
 外見に似合わず心配性だから、夜にも眠れずにお前の帰還を待っているだろう。

ライナス
 アガンゾさんと一緒に悲鳴の洞窟の問題を解決してくれたそうだな。
 よくやってくれた。ご苦労さん。
 些細なものなんだが報酬を用意しといた。受け取ってくれよ。