※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



ベラトリックス覚醒

  • 覚醒-黄金の槍
あ、若い冒険者さん、いらっしゃい。お久しぶりですわ。
ちょうど連絡を入れようとしていたところです。
この本を読んでいただけますか?
―クリア―
冒険者さん、もしかして黄金の槍の伝説を聞いたことがありますか?
やはりありますね。有名な話だから。その詳細がここに書いてありますわ。


  • 覚醒-伝説
黄金の槍の伝説は究極の「善」に興味を持っていたあるバトルメイジの話ですわ。
簡単に説明しますと、真の善と悪の間で葛藤していたある魔法使いがついに悟りを得て、世を救うという話ですわ。
「黄金の尊さはその変わりなき高潔さのゆえ。それで槍を作らばこの世に適う者無し…」
でも、この後はなかなか解析しづらいですわ。難解な暗号で出来ていますので…どうしても知りたいのに…
オフィーリア嬢なら何かご存知でいらっしゃるかも知れませんわ。わらわの代わりに聞いていただけますか?
―クリア―
あ…ちょっと長話になりそうですね。お茶でもいかがですか?


  • 覚醒-生まれ変わる
暗号文で出来ていて、いま直ぐは解読できけねます。
いまの所分かるのは、これがバトルメイジのチェーサー運用に関わる内容ということだけ…
「心とチェーサーの動きが一つになれば(  )の可能性が開かれん」までは解析できますが…
心とチェーサーの動きが一つになる…これは極意に至ったチェーサーの運用を言っているのではないでしょうか?
今までよりもっと上手にチェーサーを扱えるようになって見てはどうでしょうか?
決闘場で実戦経験を積んでみるといいでしょうね。
―クリア―
開発中


  • 覚醒-破れた本
冒険者さんが修行をつんでらっしゃる間、私も解析に勤しんでいました。
簡単にいいますと、黄金の槍とは、具体的な形を持つ武器ではなかったのです。そしてその存在に疑問を持ったある学者が生涯を黄金のやりの研究に捧げ、
その結果として残ったのが冒険者さんのその本というわけです。¥ですが、一つ問題があります。自分のものにできないなら、他人にも絶対に渡さんとする人間の悪い習性のせいで…¥n 学者がなくなった後、この本を欲しがっていた人たちがこの本を半分に分けて、別々に保管することになったのです。
この一冊は何かの縁で手に入りましたが、もう一冊の方はいまだに行方不明のままです。
でも、あんまりガッカリしないで。この本に書いてある或る場所の模写が、ビルマルク帝国実験場とすごく似ていますから。
どうですか、私がビルマルク帝国実験場でもう一冊を探している間に私を守っていただけますか?
およそ五日ぐらいあれば充分だと思います。さぁ、今直ぐ出発しましょう!
―クリア―
ご…ごめんなさい。ここではなかったみたいです。


  • 覚醒-破れた本2
それでは残っている可能性は…王の遺跡でしょうね。
ですがあそこは本当に険しいところ。私1人ではどうしても行けられないところです…
冒険者さん、今回は何故かいい予感がします。もう一回私とご同行お願いします。
―クリア―
見つけた!これがあの本です!


  • 覚醒-黄金の槍の密意
お待たせしました。ついに暗号文を解きました。
バトルメイジの心得とチェーサー運用の奥義について書いたありました。
黄金の槍とは、悟りを得たメイジが発散する黄金のオーラのことを指していました。その鋭さ槍の如し、って書いてありますね。
そしてここにチェーサーについての詳しい説明が書いてありますが…これは何のことかさっぱり理解できません。
やはり魔法についてはシャランさんに助言を求めたほうがいいではないでしょうか。
―クリア―
オフィーリア嬢から話を聞いています。さぁ、こちらにおいでませ。


  • 覚醒-信じる
真っ直ぐな心に基づかれていない魔法は砂の上の城と同然、と書いてあります。
そして短い時間のうちにチェーサーの力を強化できる秘法と変身の方法というのが書いてありますわ。なるほど、これなら人々が欲するだけありますね。
どうですか?黄金の槍の伝説、信じていますか?今まで修行に勤しんで来られた冒険者さんなら、充分な資格をお持ちでいらっしゃると存じますが…
いいでしょう。ご決定を下されましたね。
なら、本に載ってある材料をあつめる必要があります。
まず、テラナイトを集めてください。
―クリア―
お疲れさまでした。あとわずかです。


  • 覚醒-最後の一片
冒険者さんの出かけていらっしゃる間、残ったもののリストを作成しました。
わらわもドキドキしますわ。果たしてこの目で伝説の実現が見られるのでしょうか。
―クリア―
こころの準備は…できたでしょうか?


  • 覚醒-変身
さぁ、チェーサーを運用してみていただけますわ。
―クリア―
な…なんということですか、メイジさん。これは以前とは比較にならないほどですわ。
実に素晴らしいお力です。そしてこの教えがメイジさんに伝わって、なんて幸いなことでしょう。
ちょっとお待ちを…本の表面の模様が変化していますわ。何か文字を成しているようですが…
「祝おう、汝悟りを得し者よ。これをもって汝に新たな名を付与せん-これから皆が汝をベラトリックスと呼び、敬い恐れるであろう…女神の力を悟りし者よ…」


  • オフィーリアの恩返し
冒険者さん…いいえ、ベラトリックスさんと呼ぶべきでしょうか?とにかく、お久しぶりですね。
実はオフィーリア嬢が冒険者さんに会いたがっているそうです。何冊か本を手にしていましたが…
とにかく、オフィーリア嬢に会いに行っていただけますか?
―クリア―
こんにちは、冒険者さん。この間、帝国実験場で何度も助けていただいたお礼をしたいんです。あの時は本当に何がなんだかわからなくて…
あの時、本の残り半分h見つけ出せなかったのですがその代わりに他の本が見つかりました。お礼として冒険者さんにさしあげたいんです。
おかげで本当にいい経験ができました。GBL教の知識があなたの力になれたらいいですね…これからもよろしくお願いします。