※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


サモナー転職

転職 サモナー1
シャラン:サモナーの道を歩む為には、モンスター達と心からの疎通ができなければなりません。
     ヘンドンマイアにはシャイロックというゴブリンのこと聞いていらっしゃる?
     シャイロックに会って、モンスター達の力になってくれる方法はないか、聞いてみるといいでしょう。

ヘンドンマイアにてシャイロックに会う

シャイロック:へへ、何かご用でもおありですか?



転職 サモナー2
シャイロック:さては…情報が欲しいということですね?それは構いませんが、ケケケ、
       ただで手に入れた情報など何の役にも立たないものですわ。
       え?人でなしですって?正にその通り、ワタクシめは人間ではありませんのでね。へっへ。

青色キューブのかけら60個持ってシャイロックの元へ

シャイロック:まあ、この程度で充分でしょう。
       実はたった今入ってきたいい情報がありますわ。


転職 サモナー3
シャイロック:ホドルは私と同じく、人間世界に適応したゴブリンです。
       メイジの方々がホドルと契約を結び働かせていらっしゃるようですが、
       だからといって完全にホドルの信頼を得たわけではありません。
       実はこの間、ホドルの友達のシガンが故郷からここを目指して旅立っていましたけど、
       それがグランプロリスの近くで行方不明になってしまったんです。
       ワタクシがこれについての或る噂を聞きましたが、詳しく知りたいではないでしょうか?
       へッへ、闇のサンダーランドというところに行ってみてはどうでしょう?
       ホドルの友達を救ってやれば、あいつの信頼が確実に掴められるでしょう。

シガン救出後シャイロックの元へ

シャイロック:ホドルの奴め、恥ずかしいのか代わりに感謝の意を伝えてくれと言っていました。
       困った奴です。


転職 サモナー4
シャイロック:ワタクシはがゴブリン社会から離れてだいぶ経ちますが、
       彼らの苦境は分からないことでもありません。
       グランプロリスのゴブリン達とタウ達は昔よりずいぶん乱暴になってはおりますが、
       彼らもそれなりに自分の生活の場を守ろうと必死になっているから、そうなったんです。
       最近はどこからか奇怪なゾンビ達が現れ、
       彼らを一匹、二匹とゾンビに変えてしまってるそうです。
       本当に恐ろしいことではないでしょうか。
       そのゾンビたちのボスを退治してくだされば、
       グランプロリスだけでなくモンスター社会でのお嬢さんの名声が高まるに間違いないですわ。

闇のサンダーランド マスターロード以上クリア後 シャイロックの元へ

シャイロック:いやいや、ゴブリンやタウの達は皆がみんなお嬢さんを褒め称えていましたよ!


転職 サモナー5
シャイロック:ワタクシはケチな商売人ではありますが、それでも道理を忘れた恩知らずではありません。
       モンスターと見下げられるワタクシたちに、ここまで好意を持ってくださるメイジ様なら、
       モンスターと呼ばれる連中だって喜んで貴方の力になってくれるはずですわ。
       貴方がサモナーになれる資格を充分にお持ちになっていらっしゃることは、
       シャランという魔法使いにこのワタクシが保証してあげます。

シャランの元へ

シャラン:それで充分です。貴方はサモナーになる資格を満たしていらっしゃいますわ。


ムーンエンプレス覚醒

サモナー覚醒1-シガン救出

シャラン:メイジさん、大変です。
      この前、ホドルの友人シガンを助けたことを覚えていらっしゃいますか?

      どういうわけか、シガンが王の遺跡に入って行ってしまいました。
      あそこがいかに危険な場所なのかはよくご存知でしょう?

      メイジさんにシガンを救い出して欲しいのです。
      王の遺跡のどこにいるか分かりませんので、繰り返して捜索をお願いします。
      急いでください!

(王の遺跡を5回クリアすること。)

シャラン:……良くない知らせです…。


サモナー覚醒2-守りきれなかった。

シャラン:メイジさんが一足遅かったようです…
      シガンが王の遺跡の怨霊に憑かれてしまったそうです。

      冒険者の方が救い出してくださいましたが、精神を蝕まれたようです。
      なんと哀れなことでしょう…。

      王の恨みを祓えるぐらい、強力な力を持っている存在があればどうにかできるかもしれませんが…
      いまのままならシガンは永遠に目覚めないでしょう。

      本当に…残念なことに…。

(ボロディーンの亡霊を追い出せる強大な力の存在を探るために
 アルベルトを訪ねること。)

アルベルト:なんだおまえ?
        死にそうなツラしてどうしたんだ?


サモナー覚醒3-噂の強者

アルベルト:ふむ、あのハンマーバカの怨霊を圧倒できる強力な存在はいないかって?

        ああ、よく見りゃ、おまえサモナーなんだな?
        そんなヤツと契約したいわけか。

        そうか、だったらいるにはいるんだよ。そんなやつがさ。
        …でもおまえのヘッポコな実力じゃ、アイツにゃ会えないだろうなあ。

        ケチクサイこと言ってるわけじゃないんだよ。
        これでもおまえを心配してのことだから。

(決闘勝ち点1000点を持って行くこと。)

アルベルト:む、こいつ…どうしてもアイツに会いたいのかよ?


サモナー覚醒4-彼は誰なのか?

アルベルト:まだまだこんなもんじゃ話にならないね。

        おまえ、アイツがどんな力を持っているかぐらいは知ってるのか?
        ちょっとでも気に障ったらその場であの世行きにされるぜ?

        まったく…この意地っ張りめ。ダメったらダメなんだよ。

        あのハンマーバカなんか朝飯前にもならないやつなんだよ。
        おまえそいつと契約できると本気で思うのか?

(ビルマルク試験場を5回クリアして実力を証明して見せること。)

アルベルト:な…なんだよ、アイツの真似でもしようってのか?


サモナー覚醒5-剣魔

アルベルト:あー分かった分かった。アイツのこと、少しは教えてやるよ…
        実はおれもアイツに会ってからあまり経ってないよ。

        その日もおれは襲いかかって来るザコどもを片付けて、
        あまりにも退屈だったんで昼寝でもしようと森の中に入ったんだがな。

        急に頭上が暗くなるじゃないか。
        雨でも降るのかと思って空を見上げてみたらなんと。
        雲じゃなくて、デカイやつの影で太陽が遮られていたんだよ…。

        アイツは何というか…そう、文字通り悪魔のようなやつだった。
        腰には何本もの剣をぶらさげて、おれを見下ろしていたんだよ。

        おれの話はここまでだ。
        もっと聞きたければ、何かおれの興味を引きそうな物を持ってこいよ。

(ビルマルク試験場でテラナイトを50個持って来ること。)

アルベルト:おおっ!こ、これはテラナイトじゃねえか!


サモナー覚醒6-その名はカシヤス

アルベルト:はぁ~分かった分かった。おまえの勝ちだよ。
        知ってることは教えてやるよ。

        でだ、それからアイツと戦ったんだよ。
        結果?…聞くなよ。

        とにかく、戦いの後、アイツが言ったよ。
        ええ、何だっけな、名前は…。

        そう、ヤツは「カシヤス」って名前でな、
        目的はただ一つ、強い者と戦うだけだと言っていたよ。

        で、おれにこれをくれたんだ。
        これがあればアイツを呼び出せるんだと。強い相手に出会ったら呼んでくれって…。

        でもよ、アイツはおれ達アラドの人間は皆が皆、
        魔法に長けていると勘違いしてやがったんだよ…
        アイツのいたところでは魔法が普通だったのかな?

        とにかく、これを使えるのはおまえだけだろうな。
        さ、持って行きな。

(アルベルトからもらったカシヤスの牙をシャランに持って行くこと。)

シャラン:これはいったい何なんでしょう…凄まじい力を感じます。


サモナー覚醒7-制圧

シャラン:そうですか。この牙の力を使ってシガンを救い出そうということですね?

      ですが…感じます。
      この牙の主人は「誰かを救う」ことなどには感心を持っていません。
      彼の望みは強者と対決することだけ…。

      多分彼は手伝ってはくれないでしょう。
      いや、こんなことで彼を呼び出したら、逆に周りの全ての者を殺戮してしまう、
      そんな存在なのです。

      残念ですが…諦めるしか…。

(シガンを救い出さなければならない。
 カシヤスを支配する禁断の技のため、以下の通りのアイテムをシャランに持って行くこと。)

シャラン:これで何を作る気です?
      え?支配の輪?

(服従の輪・獲得)


サモナー覚醒8-ムーンエンプレス

シャラン:この輪は…召喚された者の意志をくじいて支配する能力を持っていますね。

      しかし…本当によろしいのでしょうか?
      召喚された存在はたとえ本体の分身とはいえど、本体と同じ記憶と感情を共有します。

      こんな物を使うと言う事は、召喚された者を奴隷として扱うようなことですが…。

      はい、これを使うということがどんな意味を持つかを理解していらっしゃるだろうと信じます。
      心を決めたらわらわにおっしゃってください。

(あなたはもうこの道を選んだ。シャランに話しかけ、シガンを救い出そう。)

シャラン:はい…シガンは回復しました。
      貴女の意志は確かなようですね。

      メイジさんと同じ道を選んだ人達に会ったことがあります。
      強大なる支配力で召喚した存在をコントロールする人達。

      彼らはセカンドファクトの教えに従う者を自称し、
      自らをムーンエンプレスと称しました。

      メイジさんもあの人たちと同じ道を歩むことになるのでしょうね…。