※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

僕は今 悲しみ空の下 君を待っているんだ
そんな僕を星達が見てる 今日も貴方は遅くなるの?
貴方を一人待ち続ける 月明かり照らす 小さな僕を
寂しい心 照らす星明かり

君が好き 僕を笑顔にさせる
君が好き いつも僕を明日へと連れてく
君が好き 僕を好きな 君がスキ

あぁ 会いたくて零れた雫
優しい温もりも今は無いんだね
夜空が僕を包む その寂しい冷たさで
早く迎えに来て? 寂しき天使僕を連れ去ってゆくよ
僕の手を掴んで 空へと
君を想うと苦しくて 胸が張り裂けそうで
君を想うと切なくて 涙が溢れてくる 

落ちた涙は色変えて
少し僕の心に似ていたような
見えない星空
曖昧な僕等のようで

君を好き 離れていても
君を好き 繋がってるから
君を好き でよかった

あぁ 愛しい君想う雫
星空は知ってる君と僕の距離
繋いだ手 もう離さない
君と僕歩いた 歩幅はずっと変わらないよね
愛しい温もりも ずっと
いつまでも変わらないものがあるのなら
それはきっと 僕が君を想う心
だから

隠せない好きの気持ち

君がいる いつも傍に
僕がいる すぐ傍に
君がいる 僕がいる
君を好きな僕がいる

君が好き いつも隣に居る 
君が好き 優しいキスくれる
君が好き 幸せになる
君が好き 僕を好きな 君がスキ