※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

駆け出した 海まで一気に
涙落ちそうなほど 君の目の海
近い奇跡が もうすぐ

小波よせて さらう 弱気なボクを
夕日照らす 明るく 高い堤防を
ボクの願い込めた腕の中
願う心が
小波よせて 見える 小さなボクが
夕日照らす 広い 砂浜を
ボクの小さな姿も
小さな願いも

もうイヤなんだ 君がボクを想って泣くのも
君が好きだから 大切にしたいんだ
もうイヤなんだ 何も出来ないボクなんて
君を守れないなんて カッコ悪いから

小波よせて 消える 小さな嘘も
朝日照らす 明るく 昨日を
ボクの弱気な背中も
小さな背中も
小波よせて 消えてく ボクの声
朝日照らす 広い 海を
ボクの弱気な心も
愛しい君も

もうイヤなんだ 君がボクを想って泣くのは
君が愛しいから 大事にしたいんだ
もうイヤなんだ 何も支えられないボクなんて
君を支えられないなんて カッコ悪いから

もう少し待っていて ボクは強くなっていつか君を
君が愛しいから 大切にするから
もう少し待っていて 君の左手薬指
小さなリング
嵌めるから

願うならば この先もずっと君の手を・・・