※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いつか見た 君と流星群
いつか行こうよ
僕と君で流星群の中の小さな光

それはいつかの約束
見えないまま
流れる星達の群れ
流星群

いつかあの星手に入れてみたい
でも手に入らない
そうまるで僕と彼みたいに
見えるのに届かない軌跡のように
秘密事はいつまでも続くものじゃない
子供の秘密基地のように
押入れに隠した捨て猫のように
いつかは見付かってしまう

流星群に乗って 遠くへ
醜い想い 君と僕の星座が見てる
わざとらしく笑っても 隠しきれないよ
募る想いが急かしているみたい
上手に嘘吐(つ)けないよ
偽りの愛に終わりが見えないよ

隠して その暗闇に
照らさないで
流れる星達の群れ
流星群

あの頃の僕等に戻りたい
子供の頃 公園の砂浜
遊び方も忘れてしまった
特別な記憶以外は簡単に忘れゆく
忘れてもいいよ 僕の君への恋心
彼の隣のあの人になれたら なんて
きっとどこか違うんだ
不安定な天秤に掛けたみたいに
ズレてる恋愛

流星群に乗って君に
遠くの空 君と僕同じ星座が並んでる
わざとらしく手を伸ばしても 掴めないよ
募る想いが嘘を見透かしてるみたい
上手に笑えないよ
偽りの愛に答えなんかでないよ

上手に嘘吐いても きっとどこか違う
昨日と同じ 君と僕の星座が遊んでる
この想い その輝きに
どこか遠くへ
流れる星達の群れ

隠して その光の中に
見付けないで
流れる星達の群れ
流星群