レスポンスとは


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • カードの使用後に、そのカードの効果解決前に、割り込みをかけ、別のカードの使用を行うことをレスポンスといいます。


  • ターンプレイヤーから使用されたカードに対してレスポンスするかどうかの権利を与えられます。
  • その権利を破棄した場合、非ターンプレイヤーにその権利が譲渡されます。
    • (※いずれかのプレイヤーがレスポンスを行った後、もう一度レスポンスを行うことを宣言できる権利はターンプレイヤーに戻ります。)
    • (※双方のプレイヤーがレスポンスを行わないことを宣言した場合、レスポンスの最後に使用されたカードから順番にカード効果を解決します。)
    • (※レスポンスの解決が一度始まってしまうと、一連のレスポンスを全て解決するまでカードの割り込みや新たなレスポンスを行うことができません。)



プレイヤーAが《魔法少女“高町なのは”》を場に出しており、プレイヤーBが《鉄槌の騎士“ヴィータ”》を場に出している状況で、
  • :プレイヤーAは《魔法少女“高町なのは”》のエフェクトである「すべてのプレイヤーとキャラクターに2点のダメージを与える。」を使用しました。
この時点ではまだこの効果の解決には移りません。
そして、プレイヤーAは現状では新たなトリックカードやエフェクトを使用する意思がないので、優先権をプレイヤーBに譲渡。
プレイヤーBは自分がダメージを受けるのを回避するため
現状ではプレイヤーBに優先権があるため、再度プレイヤーBはエフェクトを使用する権利があります。
そこでプレイヤーBは再度、
そして、もう他のトリックカードやエフェクトを使用する意思がないので、優先権を放棄します。
優先権はふたたびプレイヤーAに戻り、再度カードやエフェクトを使用するかの確認をします。
プレイヤーAは何もしない(優先権の放棄)を選択しました。
この時点で先ほど使用したエフェクトの解決に入ります。
まず、 を解決し、次に を、そして最後に を解決します。


  • 全ての効果の解決をもって 、一連のレスポンスは終了します。



レスポンスできるタイミング






ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。