費用収益対応の原則


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 実現主義の原則にもとづいて計上された収益に対して、それと対応する費用を計上することを、 費用収益対応の原則 といいます。
  • 費用と収益の対応には、個別的対応と期間的対応があります。
    • 個別的対応とは、商品などの売上高と、それに対応する売上原価のように、対応関係が明確なものをいいます。
    • 期間的対応とは、個別的対応は把握しにくいが、期間をもとに、その期間に発生した費用と同じ期間の収益を対応させるものです。売上高と販売費及び一般管理費の対応、営業外収益と営業外費用の対応などが、その例です。



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。