当期純利益


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 当期純利益 とは、税引前当期純利益から、税金を差し引いたその会計期間の最終的な利益です。税金の額は、「法人税、住民税及び事業税」と「法人税等調整額」から計算します。
  • 式にすると以下のようになります。下の数値例では、法人税等調整額はマイナスの数値ですが、プラスになる場合もあります。
税引前当期純利益-(法人税、住民税及び事業税+法人税等調整額)=当期純利益
(例)
          (単位 百万円)
売上高        12,000
売上原価        9,800
           ──────
売上総利益       2,200
販売費及び一般管理費  1,200
           ──────
営業利益        1,000
営業外収益         300
営業外費用         500
           ──────
経常利益          800
特別利益          400
特別損失          700
           ──────
税引前当期純利益      500
法人税、住民税及び事業税  250
法人税等調整額    △   50 (注)
           ──────
当期純利益         300 ←ここです。
(注)△はマイナスを意味します。
  • 法人税、住民税及び事業税 は、いずれも企業の利益に対してかかる税金です(まとめて「 法人税等 」ともいいます)。そこで、他の費用とは区別して記載します。 
  • 法人税等調整額 は、税務上と会計上の税額の差を調整する科目です。詳しくは、 税効果会計 を学習して下さい。





ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。