分析結果の判断基準


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 分析値を解釈する基準には、絶対基準と相対基準があります。
  • 絶対基準 は、ある絶対的な数値との比較で分析値を評価する基準です。例えば、流動比率が200%を超えていれば「良い」といった基準です。
  • これに対して、何らかの比較対象値を標準値あるいは基準値とし、それと比べて良否を判断するのが 相対基準 です。
  • 比較の方法には以下のようなものがあります。
    • 標準指標との比較 は、各種の機関が公表している業種別、産業別指標などを基準値として、比較する方法です。
    • 他社指標との比較 は、他社の財務諸表を分析した数値を基準として比較する方法です。このためには、比較対象となる他社の状況を理解している必要があります。また、可能な限り、同業種、同規模の企業を比較対象とする必要があります。
    • 期間(時系列)比較 は、1つの会社について、数期間にわたって指標を算定し、その年度間の比較から、改善傾向にあるか悪化傾向にあるかを判断する方法です。



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。