歌藤 達夫


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

歌藤 達夫(かとう たつお)
ルーツ氏が作成したノベルゲーム、のべるげ!の登場人物。
舞台となる学校の野球部に所属するアマ野球選手(投手)。
最速134キロの直球と、スクリュー、スライダー、チェンジアップなど多彩な変化球も持つ本格派左腕。
入学した年、投手陣に左腕リリーフがいなかったこともあり、伊原春樹監督(当時)の下でルーキーながら先発・中継ぎ問わず起用されて17試合に登板、チームに貢献した。
二年生の年には広島の学校から転校してきた菊池原毅と左の中継ぎコンビを組み、16試合に登板して防御率2.31を記録した。
ルーツ氏によればエース的存在だが村田というライバルがいると言う。

part9においてデザインが一新し、ちょっとイケメンになった上、野球部員ぽさが増している。
また直人の知らなかった情報を提供するなど、こう見えて情報通である。

part13では直人達のために部活のランニングを放り出して駆けつけた。

名前のモデルはプロ野球・読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手の歌藤達夫選手であると思われる。
また、伊原春樹、菊池原毅も同名の野球選手が元ネタであろう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル