レリィ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

blackhistory?cmd=upload&act=open&pageid=20&file=rellii.jpg

本名は レリィ=フェルプス。クラスは「メイド」。
パーツ城で働いていたメイド。「兵士は警備が手薄になるから出せないが、メイドなら出せるだろう」という王様の意向によりクオークのパートナーとして旅立つこととなる。
本人に記憶はないものの、実は複雑な過去を抱えている(後述)。
このゲームにおける狂言回しを担うキャラクターであり、ある意味ではin those days!の事実上の主人公とも言える。
実際プレーヤーキャラクターは彼女であり、序盤ではクオークが完全に空気なため、実質彼女がストーリーを進行している。
 戦闘での役割は主に魔法攻撃。三種の属性魔法、及び最強魔法「インゾウズデイズ」を使うことができる。また、クオーク同様に回復・補助魔法の扱いにも長ける。当然ながら物理攻撃にはあまり期待できない。
途中、衣装がセーラー服になったり髪が赤くなったりした。しかしすぐ元に戻った。
 余談だが、彼女の装備には「鉄パイプ」「まるめた週刊誌」「割烹着」など、凡そ戦闘での活躍が期待出来そうもないネーミングのものが数多く存在する。

最終回ネタバレ→ 最終回で、レリィの正体は向こうの世界(クオークや博士たちの世界)からやってきた勇者とin those days!の世界の住人との間に生まれたハーフであることが作者によって公式見解として口頭で述べられた。
彼女が命を狙われたこと、ラリルのオリジナルが彼女であること、彼女がin those days!の崩壊後もクオーク達の世界で暮らしていることなどは、おそらくそれが原因ではないかと推測される。
(反転ここまで)

~レリィ語録~
「お前だけは!! 私がこの手でこの世から沫殺してやる!!!!」(Part14)
変わり果てた仲間の姿に怒りが爆発したレリィ。今までの大人しいキャラクターを覆す名台詞。
直前にしっかりラリルの身包みを剥ぎ取っていることにツッコんではならない。

「fuck you!!!」(Part14)
ラム王国にいた英語で話すウザい男に対して放った一言。まさかの放送禁止用語。
和訳すると「くたばれ」。言われた直後に男は爆発した。

「勇者は今かつお」(Part15)
中学時代のルーツ氏が一番最後に設定したであろう台詞。
Part16ではこの台詞の跡形も無いため、彼女が「かつお」の後何を言おうとしたのかは永遠の謎である。
手遅れなIn those days!ファンはこの通称「かつおエンド」を真のエンディングであると主張して譲らない。

「う~ん、私はハムスターが一番好きかな! 犬よりも猫よりも!!」(Part16)
酔うと意外と自由奔放な性格になるレリィの一面が現れた一言。
この何気ない台詞が後に重要な役割を果たすことに……。

 

 

特技

名称 習得レベル
ビーストLv1 初期状態
フィールドLv1 初期状態
リタルLv1 初期状態
クード 初期状態
エナジーLv1 12
スイレス 16
   
   
   
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル