クリス(in those days!)

フルネームはジェイエス・ケリー・クリス。略してJ・K・クリス。
ジェイエス財団の令嬢であり、稀代の美少女にして天才科学者でもあるものすごい人。
バンザ山の頂上に屋敷を構え、クオーク一行を迎え撃つ。
戦闘後は魔法ではなく ヘリで クオークたちを港まで送ろうとするが、途中で燃料が切れ墜落。
そのまま成り行きでパーティに加入する。

彼女の加入により、交代でルーツが二度目の行方不明に。
戦闘では爆弾を使った攻撃と異常なまでの耐久性でルーツほどではないもののパーティの軸として戦闘で活躍。
が、城に着くとパーティを離脱してしまった。
その後、髪の毛を黒染めしてクオークたちと再会することとなる。

財団名はジェイエスで、クオークらからはクリスと呼ばれる。
普通に考えればジェイエスがファーストネームでクリスがファミリーネームであるので、
彼女は財団にファーストネームを用い、クオークらは彼女をファミリーネームで呼んでいることになる。
…いや、In those days!の世界ではファミリーネームが先に来るのだろうか?
しかしレリィの場合、レリィがファーストネームでフェルプスがファミリーネームのように感じる…。
これはどういうことなのだろうか…。
                                     Roots only knows...

以下、ストーリーの核心に触れるネタバレ。
+...
実は彼女こそがin those days!の支配人であり、世界を自らの思うままに作り変えようとしていた。
ルーツ曰く、クオーク達を船の難破、ヘリの墜落などの事故で足止めさせたのも彼女らしい。
「三大陸を元に戻すシナリオ」をもっと面白いものに変えようとしたとのことだが、それでは三大陸が元に戻らないということで、クオーク達は彼女の暴挙を止めるため、結局冒険を大きく方向転換することとなる。

物語の黒幕として、in those days!のキャラクターの中でも稀有なまでの悪役を演じクオーク達を苦しめる。
しかし、実は彼女もただならない過去を抱えており、世界の作りなおしも純粋な気持ちから来たものであった。

最後には崩壊した世界の中でクオーク達との激戦に破れ逃走する。
ラリルが彼女の後を追いかけたがその後は不明。おそらく逃げ切ったのだと推測される。


クリスについては、クリス(Sight excite)も参照されたい。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。

添付ファイル