AllwinnerA31

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



解説

Allwinner A31 (Cortex-A7 QuadCore(~1GHz) + PowerVR SGX544MP2)
一斉を風靡した?A10の後継機。TSMCの40nmGでの製造されている
GPU性能もそれなりに高いが、特に動画の性能に関しては他の追随を許さず
TSファイルもインターレース解除でかつシーク再生できるため、録画鯖などを使う一部のユーザーに人気がある。
ただしCPU性能は控えめで、デュアルコアCortex-A9程度の性能しかない
廉価版にAllwinnerA20AllwinnerA31sがある。

Allwinner公式曰くGPUはTegra3の2倍の性能で、実際のベンチマークでもライバルのRockchip RK3188を上回ることが多い
GPUのSGX544は8コアと表記されることもあるが、2コアのSGX544MP2である
ただしRockchip RK3188などに搭載されているMali-400MPと異なり、コア数を増やした時はちゃんと性能が伸びやすい
(8コア表記なのは SGX544 が2つで4つのパイプライン=8コア?)
また64bitのバス幅にも対応しておりメモリ帯域が広いため、高解像度や重めの3Dゲームにも強いとされる

CPUはクアッドコアで、256kbのL1キャッシュ,1MBのL2キャッシュを備えているが
AllwinnerA31のCortex-A7はクロックが1GHzと低く、デュアルコアA9(1.5GHz)程度の性能しかない
そのためシングルスレッド性能ではRockchip RK3066にも劣り
4コアまで対応してないアプリではあまり力を発揮できないと思われる

ただしCortex-A7は電力効率に関しては優秀で、性能に対しとても省電力でダイサイズも小さい
A7(28nm)はA8(45nm)の1/5程度の消費電力で、同程度の性能を実現できる
AllwinnerA31は40nmだが、それでも45nmのA8に比べれば大きく省電力と思われる
さらにNvidia Tegra3のような、低負荷時用のコアを別でひとつ備えているとか

急速充電や4k2k@30fpsでのHDMI出力、intelの提唱するWiDiにも対応
Teclast、ONDA、AMPE、ICOO、Ployerなどが搭載タブレットを発売する予定
搭載機のベンチはONDAv972四核がAntutu(v3)で 約11000
解像度が低めのONDA v812四核板では、12000-13000程度のスコア?

ライバルはACT ATM7029Rockchip RK3066Rockchip RK3188あたりか?
ちなみに製造原価は20ドル程度だとか(RK3066が15ドル、A13が7ドル以下らしい)

仕様

CPU
ARM Cortex-A7 Quad-Core
256KB L1 Cache
1MB L2 Cache
GPU
PowerVR SGX544MP2
Comply with OpenGL ES2.0, OpenCL 1.x, DX 9_3
Video
UHD H.264 4Kx2K video decoding
Multi-format FHD video decoding, including Mpeg1/2, Mpeg4 SP/ASP GMC, H.263, H.264,etc.
BD Directory, BD ISO and BD m2ts video decoding
H.264 High Profile 1080P@60fps encoding
3840x1080@30fps 3D decoding, BD/SBS/TAB/FP supported
3840x1080@30fps 3D encoding
Comply with RTSP, HTTP, HLS, RTMP, MMS streaming media protocol
Display
Dual-Channel LVDS 1920x1080@60fps
4 lanes MIPI DSI 1920x1200@60fps
Dual-channel RGB/CPU LCD 2048x1536@60fps
Integrated HDMI1.4 1080p@60fps
Camera
Integrated Parallel & MIPI I/F sensor
Integrated powerful ISP, supporting Raw Data CMOS sensor
Support 5M/8M/12M CMOS sensor
Support 8/10/12-bit YUV/Bayer sensor
ISP
Static and dynamic defect pixel correction and lens shading correction
Anisotropic non-linear Bayer interpolation with false color suppression
Programmable color correction, dynamic range compression and contrast enhancement
Advanced spatial de-noise filter
AE/AF/AWB
Anti-flick detection
Memory
Dual-Channel LPDDR2/DDR3/DDR3L Controller
Dual-Channel NAND FLASH Controller with 64-bit ECC
PMIC
Specially designed PMIC AXP221
21-channel power output and 2.2A Flash charging
Comply with USB 3.0 power supply standard
Audio
Integrated HI-FI 100dB Audio Codec
Three MIC
One MIC with noise cancellation
OS
Support Android 4.1/4.2 and above
Compatible with Microsoft Windows 8



搭載機全般の小ネタなど

  • MPEG2-TSの再生に関してはAllwinnerA10の方が動画再生能力が高い?
(インターレース解除時に差が出るとか)
  • SDK2.0のFW(4.1)であればインターレース解除もちゃんとできるとか?
  • SDK2.0から動作がかなり向上し、Retinaも十分動くようになったとか
  • 省電力なCortex-A7を搭載しているが、実機では大して省電力ではない?
  • GPUの性能はベンチだとRockchip RK3188と同程度だが、3Dゲームではこちらの方が有利だとか
(3DMarkなどではある程度差が出ることが多い)
  • A31、A31s共に4.3がもう来るとか?

リンク・ツールなど

PhonenixSuitPacket_v1.0.6.zip
http://www.arctablet.com/blog/downloads/tools/firmware/Allwinner_CPU_based/PhoenixSuitPacket_v1.0.6.zip
AllwinnerA31搭載機のアップデート用のツール

More Details on Allwinner's A31 Quad Core Cortex A7 SoC
http://www.anandtech.com/show/6604/more-details-on-allwinners-a31-quad-core-a7-soc
昂达携手全志全球首发A31四核处理器(ONDAとAllwinnerの発表会のまとめ)
http://mp3.zol.com.cn/337/3374733.html
Allwinnertech.com 处理器A系列A31
http://www.allwinnertech.com/product/A31.html
AllWinner Publishes A31 and A20 Processors Details – CNXSoft
http://www.cnx-software.com/2012/12/09/allwinner-a31-and-a20-processors-details/

コメント

添付ファイル