Nvidia Tegra4

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


解説

Nvidia Tegra4 (Cortex-A15*4+1(1.9GHz?) + GeForceULP*72core)
世界各社のタブレットで広く使われてきたSoC、Tegraシリーズの新型

メインのCPUは対称クアッドコアだが、低負荷の際は(+1)の非対称コア("Ninja")が処理を担当することにより、省電力効果を狙っている
ただしTegra3とは異なり+1コアは、省電力向けプロセスでの製造ではない
現在最先端のCortex-A15コアを採用しており、クロックあたりの性能が向上
クロック自体もTegra3から向上したため、1コアあたりの性能が大幅に上昇した

GPUもTegra3の12coreから72coreと飛躍的に増加
それぞれピクセルシェーダが48コア、バーテックスシェーダが24コアになった
Nvidia公式曰くTegra2比で20倍、Tegra3比で6倍のグラフィック能力らしい
keplerベースのコアになるという噂だったが、残念ながらTegra3と同じG70ベースだとか
DirectX11+,OpenGL4.X,PhysXにも対応する
ベンチマークでは、Snapdragon600と同程度か少し低い程度のスコアを出すことが多い

液晶の解像度は最大で3200×2000に対応。また動画もAllwinnerA31と同じ4k2kの動画にも対応しており
他にも動画をHDRで撮影できるなど、様々な面で性能が向上している
弱点と言われていたメモリ帯域も、バス幅が32bitになった
また最大4GBのメモリにも対応している

製造プロセスはTegra3(40nm)から新しくなり
RK3188MediaTek MT6589と同じ28nmプロセスを採用した(28nmHPL)
そのおかげか消費電力はTegra3比で45%減になるのだとか(負荷による)
またオプションの独自ソフトモデムチップi500により、LTEにも対応したらしい

1.8GHzのT40、2.0GHzのT43、1.2GHz-1.8GHzのAP40が予定されているとか?
中華パッドでも、Bungbungame Kalosなどに搭載された。
Antutuでは東芝のAT703(解像度:2560x1600)が28000程度のスコアを記録している
(ちなみにNvidia Tegra3はAntutuで12000程度、Snapdragon600は22000程度の搭載端末が多い)
CPUに関してはSnapdragonのkraitよりも高速なCortex-A15を採用しているが
GPUに関しては3DMarkのIceStormでは10000程度のスコアであり、GPUが弱いとの声もある
(スナドラ600搭載機が11000程度、スナドラ800搭載機は20000程度のスコア)

製造プロセス TSMC 28nmHPM
CPU ARM Cortex-A15 最大1.9GHz (4+1)コア
GPU GeForceULP*72core
メモリ LPDDR3 デュアルチャネル対応 最大4GB
画面出力 モニタ:3200×2000ピクセル HDMI:4k2k
パッケージサイズ 23×23mm BGA 14×14mm FCCSP
LTEモデムi500がオプションで選択可能


バージョン違い

Nvidia Tegra4i (Cortex-A9(R4)*4+1(2.3GHz) + GeForceULP*60core)
NvidiaのSoC、Tegraシリーズの1つ
Tegra4の名前を冠しているがCPUのコアはCortex-A15ではなく
Nvidia Tegra3と同じ、Cortex-A9
LTE,CA(Carrier Aggregetion),HSPA+,TD-HSPAなどをサポートした
マルチモードモデムi500を内蔵しており、こちらは低価格スマートフォン向けのチップになるらしい

Cortex-A15のTegra4と比較すると性能は落ちるが
製造プロセスはTegra3の40nmから28nmにシュリンクされており
コアのCortex-A9自体も28nmプロセス向けの新しいCortex-A9(R4)になっている
そのおかげかTegra3の最大クロック(1コア1.7GHz、4コア1.6GHz)を大きく超える2.3GHzという高クロックを実現

またGPUもTegra3比で5倍のコア数になっており、メモリはデュアルチャネルにも対応した(?)
GPUはそれぞれピクセルシェーダが40コア、バーテックスシェーダが20コアという構成らしい
Tegra4と同じく動画のHDRでの撮影やPRISM Display (2.0)がサポートされている
ベンチマーク次第ではクアルコムの最新SoC、Snapdragon800を超える性能を発揮するとか
ダイサイズもとても小さいらしい

Nvidia Tegra 4i
製造プロセス TSMC 28nm HPM
CPU ARM Cortex-A9 R4 2.3GHz (4+1)コア
GPU GeForceULP*60core
メモリ LPDDR3 デュアルチャネル対応?(未公開) 最大2GB
画面出力 モニタ:1920×1200ピクセル HDMI:1080p
パッケージサイズ 12×12mm POP 12×12mm FCCSP
内蔵モデムi500
LTE CAT3/CAT4 100~150Mbps(下り)、50Mbps(上り)
CA(Carrier Aggregation) 10MHz+10MHz(下り)
HSPA+ CAT24/6 42Mbps(下り)、5.7Mbps(上り)およびCAT6、8、10、14、18
TD-HSPA CAT24/6 4.2Mbps(下り)、2.2Mbps(上り)、TD-SCDMAを含む
2G GSM、GPRS、EDGE(クラス12まで)
2G/3G音声機能 複数のマイクによるエコーキャンセラ、ノイズリダクション、AMR-WB、AMR-NB、FR、EFR、HR
LTE音声機能 CSFB(回線交換フォールバック)およびVoLTE(Voice over LTE)
チップパッケージ 7×7mm、Tegra 4iは同機能をSoCに統合


リンク、引用元など

ARM Information Center - Cortex-A9(r4p0がA9 R4に該当するものだと思われる)
http://infocenter.arm.com/help/index.jsp?topic=/com.arm.doc.subset.cortexa.a9/index.html
NVIDIA Tegra 4 実機ベンチマーク、Tegra 3を3~4倍で圧倒
http://japanese.engadget.com/2013/02/24/nvidia-tegra-4-tegra-3-3-4/
米NVIDIA、"A15"じゃない「Tegra 4i」を公開 - 100ドル台スマホ向け、Cortex-A9ベースでLTEモデム統合
http://news.mynavi.jp/articles/2013/02/19/tegra4i/
NVIDIA、モデム統合型SoC「Tegra 4i」をOEMメーカーへ提供開始
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ubiq/20130219_588384.html

コメント


  • toshibaのREGZA買ってみた antutuのベンチ 28000やった。 - 2013-06-22 20:57:32
    • ベンチ結果は、だいたいそんなもの使用した感じはサクサク感が別次元のもの、FHD TSもなんの苦もなく再生する。 - 2013-08-21 21:58:53
    • ゲームとか画像処理してたら発熱も半端ねぇぇ - 2013-08-21 21:59:43
    • 総じてじゃじゃ馬だけど面白い値段分は楽しめる。夏場は後部左背面に風を当てながら使用(汗 - 2013-08-21 22:01:37
      • ほうほう。って、結局REGZAのレビューなんじゃない?中華じゃ無いし。 - 2013-08-22 10:32:54
  • 動画支援で、デコードは4k2k(H.264以外は1440p)対応で、エンコードは1440pだね。 - 2013-03-18 16:07:32
  • Video: Full 1440p, VP8 アクセレーション, H.264 HP 4K の対応だからH.264ならHighProfileの4k行けるよ、実機でカクつくかとかは別にして - 2013-03-15 14:38:54
  • Tegra4って動画支援は4k2kじゃなくて2560x1440pだったような。Tegra2でさえ1080p対応って言うメーカーだし…。 - 2013-03-15 13:46:53