FNF iFive X2


仕様

OS Android 4.1
CPU Rockchip RK3188 Cortex-A9 QuadCore 1.8GHz
GPU Mali-400MP4 533MHz
RAM DDR3 2GB
液晶 8.9インチIPS液晶:1920x1200 マルチタッチ
wifi IEEE 802.11 b/g/n 最大75Mbps?
内蔵ストレージ 16GB
内蔵カメラ 前面:200万画素,背面:500万画素
サイズ 235×156×8.9mm /460g
バッテリー 7200mAh
付属品 USBケーブルなど
インターフェース・搭載ハード
MicroSDカードスロット(最大32GB、64GBも一応可)、Bluetooth、HDMI、MicroUSB、ジャイロセンサー

解説

Rockchip RK3188を採用したFNFの8.9インチタブレット
最近の中華では全体的に7.9インチ7インチなどのタブレットが多いなか
ディスプレイは8.9インチでWUXGA(1920x1200:254ppi)の珍しい液晶を採用しており、 Bluetooth も搭載されている

KindleFireHD8.9とは解像度と画面サイズが同じなので、もしかすると同じ液晶を使っているのかもしれない
Antutu v3.3では16270、OpenGL対応のAntutu 3.4では17000を超えるスコアを記録しているとか(FWによって変動します)
KindleFireHD8.9のケースも一部流用できるとか?
ちなみに中国では16GB版が999元で販売されている
amazon では2万円前後である。



不具合など

  • 画面が黄色っぽい(色温度低)?(同じ液晶かもしれないKFHD8.9も色温度低めらしい)
  • DVI-D-HDMI変換ケーブルを利用した時にHDMI出力が認識されないことがある?(修正済み?)


カスタムファームなど

ifiveX2_Root_FW422_V1.1.8_UI2.5_OTA_09161500.rar(336M)
https://drive.google.com/uc?id=0B9yrDo9aNWXbQ2xqZW1DTGxZSG8&export=download



CWM6.0.3.1
https://disk.yandex.com/public/?hash=O7q0o1ADxauumhOd/%2Bx0tE4dn6xESSTV1XJekX%2BEXgc%3D&locale=ru
CWM導入法(コメント欄より引用させてもらいました)
1.CWM6.0.3.1とFWtool3.8をDL解凍
2.FWtoolを開きromファイルの中に(CWM6.0.3.1)recovery.imgをコピー
3.STARK.exeを起動
4.single toolsのボタンを押す
5.Flash parts RK31xxのボタンを押す
6.recoveryのチェックを残して全部外す
7.ifive x2の音量プラスボタンを押しながらUSBケーブルをつないだらFlash romボタンを押す - 2013-07-25 15:48:03


リンクなど(最新のFWは23.07.2013 1.1.5)

ifiveX2_FW_422_V1.1.5 (23.07.2013)
https://docs.google.com/file/d/0BwQA0-grrNRVQ1VJSkI4UkVWTDQ/
五元素FNF iFive X2(現在アップデート用のFWはない)
http://www.ifive.com.cn/product/pc/3-1-9.html
Slatedroid - FNF iFive X2
http://www.slatedroid.com/topic/75769-fnf-ifive-x2/
殻割り画像(コメントより引用させてもらいました)
http://4pda.ru/forum/index.php?showtopic=453580&st=480
上から13項目めの Спойлер (+/-) (Фото разборки)をクリック



コメント