Qwatchプレーヤー特設ページ




2012年10月17日に新たなプレーヤーが公開されました(QWatchプレーヤー)。
Qwatchはそれまでの動画表示サイズ(中画面)に加え、「大画面モード」を選択できるようになっており、
コメント機能もそれに伴い仕様変更がされています。
このページでは暫定データとして、Qwatchプレーヤーにおけるコメント仕様の紹介を行います。


※本項目の解説は
「基礎編」「知識編」の内容を踏まえて解説を行っています。
不明な単語等があった場合は各章を参照してみてください。


◎目次




①Qwatchプレーヤーの主な変更点


プレーヤーの新機能については公式の紹介ページをご参照ください。
【ニコニコ動画:Q】新機能・新サービス

こちらでは主にコメント機能に関連した変更点を紹介します。


※大画面モードが選択できるようになった。
 ⇒デフォルト表示は従来と同じ「中画面」モードです。

※プレーヤーの縦横比率が全ての動画で16:9となった(16:9モードのみとなった)。
 ⇒4:3比動画は左右の黒い領域が広くなります。

※コメント入力フォームの位置を設定で変更できるようになった。
 ⇒画面内真ん中にコメント入力フォームを表示させることができます。

※コメント入力フォームから「コメント」ボタンがなくなった。
 ⇒コメント投稿はコメント欄にカーソルがあった状態で「Enter」を押します。

※コメント入力フォームのコマンド/コメントの仕切り線の位置を変更できなくなった。

※コメント描画フレームレートのフレーム数を選択できるようになり、
 従来よりも滑らかな表示になった。
 ⇒従来の25フレームに加え、60フレームを選択できるようになりました。

※コメントの言語をプレーヤー上で簡単に切り替えられるようになった。
 ⇒台湾&米国verのコメントサーバーに瞬時に切り替えできるようになりました。

※コメント覧(一覧)のデザインが変更された。
 ⇒コメント欄のフォント、表示項目の順番(再生時間・書込時刻・コメ番)等のデザインが変更されました。
  右クリックメニューで選択できる項目が増えました。



②Qwatchプレーヤーの表示領域



・中画面

http://www37.atwiki.jp/commentart?cmd=upload&act=open&pageid=43&file=Qwatch%E4%B8%AD%E7%94%BB%E9%9D%A2%E5%9F%BA%E6%9C%AC.png

従来の画面サイズです。デフォルトではこちらの画面サイズとなります。

動画表示領域(16:9動画の場合)⇒640px:360px(「NP4」16:9モードと同じ)
コメント表示領域⇒ 672px:385px (「NP4」16:9モードと同じ)



・大画面

http://www37.atwiki.jp/commentart?cmd=upload&act=open&pageid=43&file=Qwatch%E5%A4%A7%E7%94%BB%E9%9D%A2%E5%9F%BA%E6%9C%AC.png


新たに選択できるようになった画面サイズです。

動画表示領域(16:9動画の場合)⇒854px:480px
コメント表示領域⇒ 898px:481px

コメント表示領域は動画表示領域よりも 1px下にはみ出します。

大画面は中画面を拡大表示させたモードです。
拡大比率は以下のようになります。

動画表示領域:縦比率1.333倍、横比率1.334倍
コメント表示領域: 縦比率1.2494倍、横比率1.3363倍


※Qwatchは4:3モードが廃止され全ての動画で16:9モードとなりましたが、
コメントの仕様としては 4:3モードが基本となっている点は変わらない ため
画面端までコメントをリサイズさせずに表示するには、
以前と同様、コマンド「full」を使用する必要があります。





③大画面におけるコメント仕様


※臨界幅リサイズなしコメント高さ一覧


以下の表の通り(windows、IEの場合)
http://www37.atwiki.jp/commentart?cmd=upload&act=open&pageid=43&file=%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E9%AB%98%E3%81%95%E4%B8%80%E8%A6%A7%28Qwatch%29.png

※大画面の場合、行数と積み上げの組み合わせにより
 1px程度の誤差が発生する場合があります。

※コメントサイズにより拡大比率がバラバラのため、
 中画面で適正に表示されているコメントアートでも大画面で表示させるとずれが生じる可能性が高くなります。
 ⇒ コメント領域の拡大比率に近いコメントサイズほど、両画面での互換性が高くなります。





ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。