できること

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


知らせる

下記にあるまとめ動画、まとめwiki、国会法改正案がどれだけ危険かを広めてください。
それほど知っている人間がいないようです。周知・拡散をお願いします。
  • 2chでは規制があるので名前欄、メール欄を利用して広める。
  • まとめwiki
  • まとめ動画

行動する

  • メールフォームや葉書、電話、FAXを使って党、省庁、議員に反対の意思を伝える。
党、省庁、議員の連絡先は凸まとめより反対文例まとめには例文もあります。
  • ビラ配り、ポスティング、せっかく作ったチラシをうっかり置き忘れたり。
詳しい方法はチラシまとめを見てください。
{※(注意)ビラ配りは許可を取らなければできません。}
  • 鳩撃ち猟に参加する。(5月 24日(月)まで延長!
  • 検察に一斉メールを徹底作戦!詳しくは告発まとめ
  • デモをやる(詳しい手続きは下記URL)

地味ですが地道にやるしか方法はありません。

まとめ

  • 国民新党、亀井大臣にメール&ハガキ&FAX=今のところ一番現実的。
  • 社民党=連立組んでます。念のためおくっていきましょう
  • 内閣法制局、内閣官房へのハガキ=一番被害を受ける当事者だから。
  • 地元民主党議員へのハガキ=国会法改正の強行採決するなら民主党への投票しないとか書く。
  • 怒りをぶつけるとクレーム扱いされる。質問形式でいくのがいい。
  • メールよりハガキ、電話のが効果は大きい。
  • なお、要請書は、自分の選挙区の議員および比例議員に。
 最終的には全議員に行き渡るように。名前はフルネームでなくて。
 「○○区 苗字」とか「東京都千代田区 会社員 25歳」とかでもいい。
 自分の選挙区の有権者の言葉は無視できないとのこと。
 比例議員には「反対しないと比例で投票しない」と添えて。
  • 愛媛県の加戸守行知事をはじめ、外国人参政権に反対している知事に
 この法案について、メール・FAX等で危険性を知らせ、メディアを使って
 訴えてもらえるよう頼んでみる。
  • マスコミに、このことを大きく取り上げろと電凸メル凸する。
  • 戦いは数だよ。一日一通でも送れ。

国会法改正案についてせと弘幸氏のブログ
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52485476.html
国会法を強行採決などと心配されていらっしゃる方がおりますが、
心配されている強行採決は、多分委員会か本会議ですので、まだその前の段階です。
衆議院与野党議員運営委員会(審議入りを決める)→衆議院委員会→衆議院本会議。
そして、参議院与野党議員運営委員会→参議院委員会→参議院本会議。
以上の手順で法律ができます。

この法案はあくまで国内法で、外国がらみの重国籍法案・女性選択議定書の要請を優先してください。
また、国会法の審議入りを強行しようとしているのは、松本鋼明民主党衆議院議員運営委員長ですので、
要請をするのであればピンポイントで松本氏です。
この法案は、議員立法ですから閣議での拒否権とは無関係ですので、亀井大臣に出しても効果は期待できないでしょう。



未確認情報
【社会】大量の迷惑メールで衆院に障害 数万通規模、発信元や目的は不明(妨害か?)
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1272033931/
妨害の可能性あり、妨害だとしたら電話、FAX、ハガキで対抗。確実に民主党は焦っている!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。