とりあえずこれだけ覚えておけばOK


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

序盤の目的の一つは「徳の証」を収集してステータスを上昇させること!
もう一つは、お金を貯めてスキルを習得し強化すること!
徳の証は探索を行うと一定確率で手に入る。全部で8種類あり、
証の交換を行わない場合は1種類あたり最大で8個まで所持できるが、
9個目からは拾っても捨ててしまう。
特定の証に偏りが生じたら他のプレイヤーと徳の証のトレードをしよう!
戦士ギルドで習得できないスキルは、全てアドバンスメント・スキルゲートで習得できる
(デフォルトで「徳の証の設定」になっている選択ボックスをクリックすると、
 最下段に「アドバンスメント・スキルゲート」がある)
参考:公式プレイマニュアル「基本的な操作」(中段にスキルに関しての記述)
参考:公式プレイマニュアル「徳の証の設定とトレード」



STRは物理攻撃力だけでなく、 最大持物数にも影響を及ぼす(STRの値が、そのままアイテムを持てる最大数になる)
また、キャラクターのHITS(体力)の最大値とログアウト中の自然回復量に影響を及ぼす

INTは装備とスキルで大幅に強化できる
また、キャラクターのMANA(マナ)の最大値とログアウト中の自然回復量に影響を及ぼす

DEXは命中率だけでなく、 戦闘時の最大行動回数にも影響を及ぼす(詳細はこちら
また、キャラクターのSTAM(スタミナ)の最大値とログアウト中の自然回復量に影響を及ぼす



装備可能部位は全部で12ヵ所。大別すると
右手 武器は攻撃力に比例して重量が上昇する
左手 盾と左手専用武器の装備には専用のアクティブスキルが必要
魔法書の装備には専用のパッシブスキルが必要
防具 頭部・胸部・腕部・足部 防御力に比例して重量が上昇する
服飾品 上衣・外套・耳飾・首飾・腕輪・指環 基本的に重量1。マジックが付与されていないと、ほとんど意味が無い
右手・左手に武具を装備すると、 その武器の重量分STRが下がる。すなわち最大持物数が減る
防具・服飾品を装備すると、 その防具の重量分DEXが下がる。すなわち戦闘時の最大行動回数が減る
どちらも重量が高ければ高いほど影響を及ぼすので、探索メインなら序盤は何も装備しなくても良い
ただし、最大持物数が上昇するマジックが付与されているものや、
行動速度が上昇するマジックが付与されているものも存在するので、
戦闘・探索どちらを主体とするか自身と相談しながら装備するものを選ぶべし



装備可能部位早見表
上衣 チュニック・サーコート・クロス・エプロン
外套 ローブ・マント・クローク・ポンチョ
指環 リング
腕輪 ブレスレット・バングル
耳飾 イヤリング・ピアス
首飾 ロザリオ・アミュレット・ネックレス
特に上衣と外套は見分けるのが難しいので注意!



マジックが付与されている装備は、アイテム名の前後に特別な名前が付いている
逆に言えば、アイテム名の前後に特別な名前が付いていない装備にはマジックが付与されていないので、鑑定しても意味が無い
(アイテム図鑑にはきちんと登録されるので、全く意味が無いという訳では無い。
 しかし序盤の鑑定代金は地味に馬鹿にできないので、マジックが付与されているものだけを鑑定した方がお金が貯まる)




名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。