実戦


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・はじめてのせんとう
ある程度装備が揃い、スキルも覚えてきたらヘイヴン近郊以外の場所でも探索してみましょう。通常の探索に加えて魔物との戦闘があります。
戦闘は自動で進行し、その過程と結果がログとなって表示されます。
相手の強さについては公式マニュアルの「テスト版について・1」をご覧下さい。要するに下に行けば行くほど敵が強くなっています。

・装備品を揃える
買い物で損をしない為のアドバイスと、揃えておきたい装備品について少し。準レア(用語集参照)を装備の前提で書いてます。ただしこれは編集者の考えだけなので、気休め程度にお考え下さい。

※左手は左手剣・盾・魔法書・両手武器の中から選びます。
左手の装備はそのプレイヤーのスタイルを確立するものなので、拾ったアイテムを次々と換装して自分の好きなスタイルを選びましょう。
基本的に武器を装備するにはその系統のアクティブスキルをセットする必要があります。更に、より高性能な武器を装備するには一部のパッシブスキルを習得する必要があります。(「武器術」は例外として弓・腕部・左手剣以外?の装備が可能です。)
武器と関連する基本スキルについてはwikiメニュー左にある武器リストの種類欄を参考にして下さい。
例1:「通常剣・片手用」のナイフを装備するにはアクティブスキル「刀剣術」のセットが条件
例2:「騎士剣・片手用」のハイソードを装備するには「刀剣術」のセットに加えてパッシブスキルの「戒律」の習得が条件

スタイルの例についてはスキル考察を参照。
右手(メインウェポン) アークエレメンタル付きの武器が絶対条件。これ1本で全ての狩場に対応出来るという優れ物。武器の基本性能も大事ですが、属性の総合値がなるべく高いのを選びましょう。追加攻撃として発動する魔法のダメージが大きくなります。
右手(サブウェポン) ソウルバインドが発動する武器を。これは後回しで構いません。育成後のSTAM回復手段として役に立ちます。
前述の通りメインウェポンにアークエレメンタル付きの武器があれば良いです。
左手(左手剣) 右手と同じような条件の物を手に入れると良いです。
左手(盾・回避型) 盾自体の能力が重要であり、レア品でも盾自体の能力が低いとあまり役に立たないので注意。回避型にお勧めなのはバックラー・ターゲット・ケイオスシールド辺り。ケイオスシールドのレアは滅多に出ないので他のレア品が欲しいところ。
左手(盾・防御型) 同上。物理型にお勧めなのはホプロン・ヒーターシールド・オーダーシールド辺り。オーダーシールドのレアは滅多に出ないので以下略。
左手(魔法書) セットしてる魔法スキルと同じ属性の魔法書にするとコンポーズ(魔法発動率上昇)Lv2の効果が付くそうですが、準レアの能力が高い魔法書なら他属性でも大丈夫です。
左手(両手武器) 左手に何も装備出来ない事を指します。アクティブスキルの「片手持ち」をセットすると、両手武器でも左手に盾や魔法書を装備出来ます。
頭部・胸部・腕部・足部 探索型の冒険者なら準レアのアイテム以外を装備する必要はありません。レア品はフェザー(所持限度上昇)のマジックLvが高い物を装備しましょう。最大持物数がLv×2個だけ増加します。
戦闘型の冒険者の場合は防御力が高くて重量の軽い物がお勧めです。
アクセサリー 探索型の冒険者なら準レアのアイテム以外を装備する必要はありません。レア品はストレングス(STR上昇)のマジックLvが高い物を選びましょう。最大持物数がLv個だけ増加します。
戦闘型の冒険者の場合はとにかく能力値が高い物に変えていきましょう。


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。