@ウィキモバイル > PC版はこちら
@wiki検索

MusiKi:テクノ・エレクトロニカWiki

トップ | メニュー | ページ一覧 | タグ一覧 | ウィキ内検索
▼下へ[8]

μ-Ziq


Planet Mu Rephlex
μ-Ziq(ミュージック)はイングランド・ロンドン出身のMichael Paradinas(1971年生)によるソロユニット。

μ-Ziqがデュオだった時代

80年代前半にキーボード演奏を開始。当時はThe Human LeagueやHeaven 17のような音楽を聴いていた。
80年代中頃になると、いくつかのバンドに所属してキーボードを担当する。その後"Blue Innocence"というグループに参加。
1995年、ロンドンでのライブパフォーマンス後に解散。ベース担当だったFrancis Naughtonとともに、以前作った曲を再録音しはじめる。今でこそMike一人のユニットだが、当時はFrancisもμ-Ziqのメンバーだった。
Global Communicationの二人(Tom Middleton、Mike Pritchard)に認められ、彼らと関わりのあるEvolution Recordsでμ-Ziqの作品がリリースされる予定だったが、責任者の要請により頓挫。そんな中Rephlex Recordsを運営するRichard.D.Jamesが彼らに目を付け、1993年、同レーベルより"Tango 'n Vectif"をリリース。この頃Francisが脱退。

躍出とレーベル設立

1994年には2ndアルバム"Buff Limbo"をリリース。1000部限定プレスだったが、後に再発される。
同年後半には大手レーベルVirginの参加にあるHut Recordingsから"The Auteurs vs. -Ziq"をリリース。これはThe Auteursの"Now I'm A Cowboy"というアルバムに収録されている曲をリミックスしたもの。これが切っ掛けとなり、Virginから傘下レーベル設立の機会を与えられる。
1995年、Planet Muレーベルを設立。"in pine Effect"を発売。μ-Ziqとしてのリリースはこのレーベルが中心になっていく。
同年Jake Slazenger、Kid Spatula、Tusken Raidersという名義でそれぞれ作品をリリース。これらはいずれもPlanet Muからのリリースではない。

リチャードとのコラボレーションから現在まで

1996年、RephlexよりRichard.D.Jamesと共同で"Expert Knob Twiddlers"を発売。このアルバムジャケットで二人が遊んでいるのはDownfallというゲーム。
翌年"Lunatic Harness"をリリース。このアルバムはしばしばAphex TwinとSquarepusherの影響、つまりドラムンベース的要素が見られる、と評される。
1998年、Planet MuレーベルをVirgin傘下から独立させる。また"Brace Yourself"をリリースした。
1999年に"Royal Astronomy"とシングル"The Fear"をいずれもVirginグループのレーベルからリリース。
2003年以降のリリースは自身のレーベルからのみとなっている。

使用機材/ソフトウェア


Sample(Hasty Boom Alert)


上へ[2]


トップページ
ページ一覧
ウィキ内検索
ホットワード
タグ一覧
ページの先頭へ[2]
ページの下へ[8]
友達に教える
PC版はこちら








関連語句: Rephlex Records Rephlex グループ

PCで@ウィキに新規登録


直前のページはの戻るボタンで


@ウィキモバイル [0]