@ウィキモバイル > PC版はこちら
@wiki検索

MusiKi:テクノ・エレクトロニカWiki

トップ | メニュー | ページ一覧 | タグ一覧 | ウィキ内検索
▼下へ[8]

LFO


Warp
1988年、イギリス・リーズで修学していたGez VarleyとMark Bellによって結成されたユニット。LFOの由来はLow Frequency Oscillatorから。
以前からのクラブシーンでの人気も相まって、1990年にリリースされたシングル"LFO"はUKシングルチャートの12位まで食い込んだ。当時のRadio 1のDJを務めていたSteve Wrightは、「これまでで最悪のレコードだ」と評していたりする。
1991年にリリースした1stアルバム"Frequencies"は、自身らのみならず、リリース元のWarp Records、ひいては電子音楽の人気を引き上げるのに多大な貢献を果たした。
1996年、2ndアルバム"Advance"をリリースした後にGez Varleyが脱退。同時にLFOとしての活動も休止された。
2003年より、Mark単独のユニットとして、再びLFO名義の使用を開始。同年にはアルバム"Sheath"もリリースされた。
単純作曲だけでなく数多くのRemixもこなしており、一例にAfrika Bambaata、Bjrk、Radiohead、Yellow Magic Orchestraなどが挙げられる。

Sample(Freak)


上へ[2]


トップページ
ページ一覧
ウィキ内検索
ホットワード
タグ一覧
ページの先頭へ[2]
ページの下へ[8]
友達に教える
PC版はこちら








関連語句: リリース 貢献 電子音楽

PCで@ウィキに新規登録


直前のページはの戻るボタンで


@ウィキモバイル [0]