@ウィキモバイル > PC版はこちら
@wiki検索

MusiKi:テクノ・エレクトロニカWiki

トップ | メニュー | ページ一覧 | タグ一覧 | ウィキ内検索
▼下へ[8]

Tiki Obmar


Merck

Graham Chapman、Chris Smalley、Brett Bullionによるユニット。この3人は付き合いの長い友人同士でもある。
2003年merckより1stアルバム"High School Confidential"をリリース。レコーディング自体は2002年の7月から10月にかけて行われた。2000部限定。
2004年には"Seasons"をリリース。これはCD媒体だったが、翌年にVinylでもリリースされた。
Tiki ObmarとMerckの方針に関して、Warszawaのコラムに興味深い記述があるので引用し紹介する。

 2003年〜2004年、“レーベル第二期”とも言える時代に突入した。そう思える理由のひとつに、レーベルの音楽性が多様化したことが挙げられる。その印象を広げた作品としてまず挙げられるのが2003年にリリースされた、Tiki Obmarの『High School Confidentioal』であろう。Tiki Obmarは、3人組という、これまでMerckにはなかったバンド編成で注目を集めた。この時期、様々なエレクトロニカ・レーベルがそうであったように、ロックやフォークなどのアプローチをMerckも打ち出したのだ。サウンドはバンド・アンサンブルとエレクトロニクスを用いたしなやかな表現で、時にはエレクトリックビートも交えたサウンドを聴かせるというものだ。Tiki Obmarは、レーベルの中で最もバンド的なアプローチの側面が強かったと言えるだろう。この作品を機に、Merckはポストロック的なアーティスト、そしてファンをも取り込むことに成功した。それは、ポストロック派として挙げられるもう一つのバンド、Latedusterの登場によって決定づけられる。
引用元:Merck History 2

上へ[2]


トップページ
ページ一覧
ウィキ内検索
ホットワード
タグ一覧
ページの先頭へ[2]
ページの下へ[8]
友達に教える
PC版はこちら








関連語句: 登場 Bull High

PCで@ウィキに新規登録


直前のページはの戻るボタンで


@ウィキモバイル [0]