@ウィキモバイル > PC版はこちら
@wiki検索

MusiKi:テクノ・エレクトロニカWiki

トップ | メニュー | ページ一覧 | タグ一覧 | ウィキ内検索
▼下へ[8]

The Flashbulb


Alphabasic Sublight Records

The Flashbulbは、アメリカ出身のBenn Lee Jordan(1978年10月28日生)によるプロジェクト。ジョージア州で生まれたが、祖父母と暮らすため幼い頃にシカゴへ引っ越す。この地のジャズシーンに影響を受けて育った。双極性障害の罹患者であり、彼の多様性のある音楽にも関連があるのではないかという意見も存在する。
5歳よりクラシックギターを始める。元々左利きだったが、演奏するときは右手で行った。
1996年より、様々な名義を用いたリリース活動をはじめる。
2000年に1stアルバム"M (Daily Assortment Of Sound)"をリリース。これ以降もコンスタントにアルバムリリースを続け、最新作Love As A Dark Hallwayを含め計10アルバムをリリースしている。
2005年にAphex Twinの'Come to Daddy'をコピーしたユニットである"Dillinger Escape Plan"とツアーを行い、Jordanの音楽観を多様化させた。

コマーシャルな活動

彼の知名度を大きく引き上げる出来事が2007年に起こる。彼の'Passege D'が使用された映像が、最大の広告祭であるカンヌ国際広告祭でグランプリを受賞した。その映像は、ユニリーバのブランドであるDoveのキャンペーン"Campaign for Real Beauty"内の"Dove Evolution"というもの。

Dove Evolution


アルバム無料配布、ユニセフ支援アルバム

2008年、彼はアルバム"Soundtrack To A Vacant Life"を自らのレーベルAlphabasicよりリリースした。しかしこのアルバムはBit Torrent上にも存在する。これだけならよくある海賊行為だが、アルバムを配布したのはなんとFlashbulb本人。
これを行った理由は、何の契約も交わしていないのに、iTunes上で彼の作品が購入できることに対しての怒り(もちろん彼は収入を得ていない)。経緯についてはこちらのインタビューに詳しくまとめられている。
2011年3月、フルアルバムLove As A Dark Hallwayをリリース。デジパックの他豪華版を350部限定でリリースしたが、こちらは既に売り切れとなっている。
同年10月、1999年から現在までの、公式にはリリースされていない作品を43曲集めたアルバムOld Treesがリリースされた。このアルバムの売り上げの内50%がユニセフに寄付されると発表している。

使用機材/ソフトウェア


Sample(Chik Habit)


Discography

M (Daily Assortment Of Sound)
These Open Fields
Girls Suck But YOU Don't
Resent And The April Sunshine Shed
Red Extensions Of Me
Kirlian Selections
Runion
Flexing Habitual
Soundtrack To A Vacant Life
Arboreal
Love As A Dark Hallway

上へ[2]


トップページ
ページ一覧
ウィキ内検索
ホットワード
タグ一覧
ページの先頭へ[2]
ページの下へ[8]
友達に教える
PC版はこちら








関連語句: 双極性障害 理由 グランプリ

PCで@ウィキに新規登録


直前のページはの戻るボタンで


@ウィキモバイル [0]