@ウィキモバイル > PC版はこちら
@wiki検索

MusiKi:テクノ・エレクトロニカWiki

トップ | メニュー | ページ一覧 | タグ一覧 | ウィキ内検索
▼下へ[8]

Kettel


Djak Up Bitch Neo Ouija Sending Orbs U-Cover

オランダ出身のReimer Eising(1982年生)によるソロプロジェクト。現在もオランダのフローニンゲンに住む。
幼い頃にピアノをやっていたが、兄にAphex TwinやMouse on Marsなどを聴かされ、電子音楽に興味を持ち始める。その後もFunkstorung、Plaid、Mouse On Mars、μ-ziqAutechre、その他90年代のWarp Records所属ミュージシャンなどを聴く。
本人はこれらの電子音楽のミュージシャンよりも、クラシックミュージシャン、ラフマニノフ、ショパン、ドビュッシー、バッハ、プロコフィエフなどからの影響の方が強いと語っている。
彼が挙げる音楽的ヒーローはAphex TwinとPlaid。

2001年、Kracfiveより1stアルバム"Dreim"をリリース。翌年には地元オランダのレーベルDjak Up Bitchより"Cenny Crush"を発売した。
以降もNeo OuijaU-CoverMerckといった主要レーベルからのリリースを行った。
2004年、兄弟のWouter Eisingらとともに、Sending Orbsを設立。その翌年にはレーベル第一作として、"Through Friendly Waters"をリリースした。この作品は、世界的に品薄状態だったアルバムの再発である。Timothy Reallyからリリースされた国内盤のタイトルは、"Re: Through Friendly Waters"となっている。
2008年にリリースされた"Myam James Part 1"のマスタリングは、FunckarmaのRoel Funckenが担っている。
更にこの作品の続編にあたる"Myam James 2"が2009年にリリースされた。

Scone

SconeはFunckarmaとKettelで結成したプロジェクトである。
2006年に1stアルバムMazeをリリースした。2010年にはこのMazeのアンビエントエディットアルバムMaze Ambientをリリース。翌2011年には初のEP、Estをリリースした。

オススメアルバム


RE:THROUGH FRIENDLY WATERS
限定500部だった作品が再発。国内盤のためボーナストラック付き。

Live


Kettel - Live PA, Killekill Meets Salon Du Katz, Berghain Kantine, Berlin DFC, DE 2009-07-29 by +dB

Sample(Pinch of Peer)


Discography

Albums

Dreim(2001)

レーベル:Kracfive
トラックリスト
+ ...

Cenny Crush(2002/10)

レーベル:Djak Up Bitch
トラックリスト
+ ...

Smiling Little Cow(2002)

レーベル:Neo Ouija
Look At This! Ha! Ha! Ha!(2003)
レーベル:Kracfive

Volleyed Iron(2004)

U-Cover

Through Friendly Waters(2005)

Sending Orbs

My Dogan(2006)

Sending Orbs

Whisper Me Wishes(2007)

Djak Up Bitch

Myam James Part 1(2008)

レーベル:Sending Orbs


上へ[2]


トップページ
ページ一覧
ウィキ内検索
ホットワード
タグ一覧
ページの先頭へ[2]
ページの下へ[8]
友達に教える
PC版はこちら








関連語句: ドビュッシー 世界 リリース

PCで@ウィキに新規登録


直前のページはの戻るボタンで


@ウィキモバイル [0]